丸ちゃん、石川遼の五輪出場へハッパ「あと4勝」/国内男子

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2019/07/11

男子ゴルフ・ひかりTV4K・FUNAIダブルス(10日、千葉・平川CC=6892ヤード、パー72)ツアー外競技。前週大会で3年ぶりのツアー優勝を飾った石川遼(27)=CASIO=がダブルス戦に出場。2020年東京五輪の日本代表ヘッドコーチ(HC)、丸山茂樹(50)=セガサミーHD=から五輪代表入りへハッパをかけられ、改めて意欲を示した。星野陸也(23)と組んだ競技では首位に2打差の3位だった。

「日本プロ選手権」で涙の復活Vを遂げた石川の東京五輪出場へ、周囲の期待が高まってきた。

前日9日のプロアマ戦で、五輪の日本代表HCを務める丸山から直々に「あと4勝すればチャンスあるね」と鼓舞され、石川は「はい! 一緒に行きたいです」と即答したという。この日のホールアウト後も、丸山は「彼がいるだけで盛り上がるのは間違いない。期待したい」と石川の代表入りを熱望した。

最新世界ランキングで石川は300位から183位に浮上し、日本勢では10番手。来年6月22日時点の同ランクで2番手までにつければ、原則2枠の出場権を得られる。国内男子ツアーは8月下旬まで約1カ月間、試合がない。「筋力を衰えさせたくない。ふくらはぎをもうちょっと鍛えようと思っている」。けがをしにくい体作りで、“4勝”に挑戦する。 (稲垣博昭)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゴルフカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
畑岡はロペス、崔慧珍と同組 エビアン選手権
小祝さくらは新垣比菜とタイのアマチュアとのグループ 河本結と原英莉花が同組対決
初優勝の小祝さくら 辻村明志コーチが語るこれまでの秘話【辻にぃ見聞】
初優勝を挙げた小祝さくらに慢心なし 優勝当日の夜から高負荷のランニング
ステップ初出場の三浦桃香は竹内美雪、仲宗根澄香と同組【ANA PRINCESS CUP初日】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加