Panasonicが録画用ブルーレイディスクやめる訳

Panasonicが録画用ブルーレイディスクやめる訳

  • 東洋経済オンライン
  • 更新日:2023/01/25
No image

今回、生産終了となる主な製品(画像:パナソニックホームページ)

パナソニックは1月23日、録画用ブルーレイディスクの生産から撤退することを明らかにした。

対象となる製品は、「録画用ブルーレイディスク BD-RE:くり返し録画タイプ(書換型)」 13モデルと「録画用ブルーレイディスク BD-R:1回録画タイプ(追記型)」23モデル。同日、パナソニックのホームページに掲載された「録画用ブルーレイディスク 生産完了のご案内」にはこのようなコメントがある。

生産終了ではなく“完了”

「当社は2006年の録画用ブルーレイディスク発売以来、多くのお客様にご愛用いただいて参りましたが、2023年2月を以って、録画用ブルーレイディスク全品番の生産を完了させて頂きます。尚、後継商品はございません」。生産終了ではなく生産“完了”とした表現には、もうやり尽くした気持ちが反映したのか。

録画用ブルーレイディスクの市場は飽和し、さまざまな国のメーカーが参入するようになった。家電量販店に向かえば、多様な商品が並び、さらに昔と比べると価格もだいぶ低下している。パナソニックとしても儲からない商品になったわけだ。

1月25日の午前中に東洋経済オンライン編集部の編集者が東京・秋葉原のヨドバシカメラ、ビックカメラの店頭を覗いてみたところ、録画用ブルーレイディスクの売り場は主にソニー製品が席巻。マクセル、三菱電機、バーベイタムなどの製品が並んでいたが、パナソニック製品を見つけられなかったという。すでに撤退の準備が進んでいたか、売り場を確保できていなかったかはわからないが、競合メーカーに伍されてしまった面はあったのだろう。

No image

パナソニックは女優の綾瀬はるかさんをイメージキャラクターに起用していた(画像:パナソニックホームページ)

まだ市場が成熟していない時代には、同じように見えても録画用ブルーレイディスクの性能や品質には、メーカーによってばらつきがあるといわれた。あくまで私の経験だが、メーカーによってはブルーレイディスクレコーダー・プレーヤーに入れてもまともに動作しないメディアもあった。またブルーレイディスクレコーダー・プレイヤーと録画用ブルーレイディスクメーカーの相性もあったように思われる。

一方で、海外を含む各社の品質も向上してきた。そこからさまざまな環境変化があったうえで、今回のパナソニックの録画用ブルーレイディスク生産完了決断となった。ここに至るようになった背景を考えると、“四重苦”ともいえる4つの環境要因が見えてくる。

環境要因①:売れなくなったハードのパッケージ・メディア

今から10年前の2013年に、日本記録メディア工業会が解散した。同工業会はブルーレイディスクやDVDの普及活動を行う団体だった。クラウド技術などの進化によって記録メディアの存在意義が相対的に低下したのが解散決断の要因だったようだ。これは印象的な出来事だった。

そこから10年後の2023年。パナソニックの録画用ブルーレイディスク生産完了も、ある種の象徴を感じさせる。普及活動が完了したのちに、生産すらも役割を終え、「完了」したのだ。

ここでMPA(Motion Picture Association)のデータを調べてみる。MPAはアメリカ映画協会の関係団体と思っていただければいい。彼らの調査によると、世界のコンテンツ産業におけるDVDやブルーレイディスクなどの実物メディアは2017年(149億ドル)から2021年(65億ドル)までに半減以下になっている。

なお、これはあくまでパッケージのメディアを対象とした数値であり、パナソニックが生産終了を発表した“録画用”ブルーレイディスクを直接的に示すものではない。ただ、これだけDVDやブルーレイディスクの形で販売されるコンテンツが減少していることから、録画用ブルーレイディスクも斜陽産業になってしまっているのは、間違いない。

動画もネット配信の時代に

環境要因②:急成長を遂げる代替サービス

私がテレビ出演の仕事をしていると、幸運なことに共演したアーティストの方からCDやDVDをいただく機会がある。またラジオ番組で音楽家の方をゲストに招く際、事前に音源を送付してもらう場合もある。しかし困ったことに自宅にCD/DVDプレイヤーがない。

そこで音源を聴くためにオフィスに出向く。私の場合、オーディオはあるが、時間の都合でパソコンとスマートフォンに取り込んで聴く。また、せっかく音源をもらったのに、結局はサブスクリプション音楽サービスで視聴することもある。CD/DVDメディアのプレイヤーを有しない家庭や個人も相当数に上るのではないか。

環境要因①ではハードとしてのメディア・コンテンツ離れを指摘したが、離れたあとにユーザーはどこへ行っているのか。それは周知の通り、Netflix、Amazon Prime Videoなどといった動画配信のサブスクリプションサービスだろう。いまでは1つひとつの作品についてDVD/ブルーレイディスクを持ったり、レンタルしてきたりするではなく、オンラインの視聴が根付いてきている。さらに、月に何本を観るかによるものの、それが有料だったとしても、たいていの場合はDVD/ブルーレイディスクを買うよりは安い。

家庭用のビデオカメラで撮影した映像をブルーレイディスクに録画して保存しておいたような人でも、今はスマホで動画を撮影して残せる。またFacebookなどのSNSやYouTubeに保存して限られたメンバーのみに視聴を許可している場合がある。

FacebookやYouTubeに、これからもずっと無料で動画をアップロードして保存し続けられるかはわからない。もしかすると消える可能性もあるが、ビデオカメラをわざわざ買って撮影した映像を録画用ブルーレイディスクに残すという慣習はどうやら下火になっている。

さらにコスト増に

環境要因③:私的録音録画補償金制度の対象に

みなさんは私的録音録画補償金制度対象としてブルーレイディスクレコーダーを指定した、という“事件”を知っているだろうか。

昨年10月に永岡桂子文部科学大臣が記者会見で明らかにした話だ。これはざっくりいえば、個人で録音・録画しても著者権者への補償金を支払え、という話で、政令が決まった。

しかし補償金を支払えといっても支払いようがない。だから「補償金の支払い方法としては、政令指定を受けた特定機器・記録媒体の製造メーカーなどの協力を得て、ユーザーの皆さまが機器・媒体を購入する際に補償金を含める形で一括してお支払いいただいています」(日本音楽著作権協会=JASRACホームページ)としている。

*「製造メーカー」という単語は“製造”と“メーカー”の同意味を指すと思われるが、そのまま引用した。

録画用のブルーレイディスク1枚にかかる補償金は数円であるというが、それにしてもメーカーにはコストを増加させ、利益を圧迫するのは間違いがない。

環境要因④:原材料費の上昇

DVDやブルーレイディスクのような光ディスクの主な材料の1つがポリカーボネート。「耐熱・耐候性に優れ、ガラスに匹敵する透明性に加えて、優れた耐衝撃性も有する」(日本プラスチック板協会ホームページ)樹脂である。

昨今の原材料高の流れを受けて、このポリカーボネートの価格も例に漏れず高騰している。価格変動を見てみたい。日本の貿易統計からポリカーボネートの価格上昇を調べてみた。

もっともブルーレイディスクの製造は日本だけで行われていない点は付記しておきたい。日本の場合は2022年に円安にも襲われた。ただ大きな傾向は把握できるだろう。

原材料費がここ2年で1.7倍以上に

そのうえで2020年1月~3月期の水準を100として四半期ごとにポリカーボネートの価格を見てみると次のようになる。

2020年1~3月:100
2020年4~6月:102
2020年7~9月:104
2020年10~12月:99
2021年1~3月:107
2021年4~6月:131
2021年7~9月:143
2021年10~12月:159
2022年1~3月:150
2022年4~6月:166
2022年7~9月:176

このように生産コストのうち材料費が高騰し各社を圧迫したと考えられる。

上記、四重苦とも思える状況と、それらが複数に組み合わされた象徴的な出来事が、パナソニックの録画用ブルーレイディスク生産完了、つまり事実上の撤退といえるだろう。これも時代の流れというべきか。とはいえ、衰退・縮小する商品・サービスにいつまでもこだわっていられない。パナソニックには新たな商品での成功を期待したい。

(坂口 孝則:調達・購買業務コンサルタント、講演家)

坂口 孝則

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加