【浦和】7月2日以来のスタメン柴戸海が前半40分で交代 名古屋永井と接触し右肩付近抑える

【浦和】7月2日以来のスタメン柴戸海が前半40分で交代 名古屋永井と接触し右肩付近抑える

  • 日刊スポーツ(サッカー)
  • 更新日:2022/08/06
No image

浦和柴戸海(2021年6月撮影)

<明治安田生命J1:名古屋-浦和>◇第24節◇6日◇豊田ス

7月2日G大阪戦以来のスタメン出場となった浦和レッズMF柴戸海(26)が、前半40分で交代となった。

前半29分、後ろから走ってきた名古屋FW永井と接触。右肩付近を抑えながら、痛そうな表情を浮かべてピッチに倒れ込んだ。1度はピッチに戻りプレーを再開するも、前半40分にMF伊藤と交代となった。

浦和は前回3日のルヴァンカップ名古屋戦(豊田ス)でDFショルツが負傷交代。7月30日の川崎戦(埼スタ)ではDF酒井が左内側を痛めて交代しており、ともにこの日はベンチを外れていた。同23日のパリ・サンジェルマンとの親善試合では、新外国人のFWリンセンがデビュー10分で負傷とアクシデントが続いており、柴戸の状態が心配される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加