赤楚衛二“樋口”、プロポーズ後の切ない表情に「涙腺崩壊した」

赤楚衛二“樋口”、プロポーズ後の切ない表情に「涙腺崩壊した」

  • テレビドガッチ
  • 更新日:2021/07/21
No image

Sexy Zoneの中島健人と小芝風花がダブル主演を務めるドラマ『彼女はキレイだった』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)の第3話が、7月20日に放送。ネット上では、樋口拓也(赤楚衛二)のプロポーズシーンに反響があった(以下、ネタバレ含まれます)。

【動画】『彼女はキレイだった』の最新回を視聴する

さえない太っちょの少年からイケメンの“最恐毒舌”エリートになった長谷部宗介(中島)と、優等生の美少女から無職の残念女子になった佐藤愛(小芝)という、真逆の成長を遂げた2人の“すれ違う初恋”の行方を描く胸キュンラブストーリー。

樋口は、愛と宗介が同級生であり、宗介こそが愛の初恋相手だと知る。

そんなある日、編集部で食事会が行われた。宗介は下戸にもかかわらず、一口酒を飲んでしまい酩酊状態に。宗介を自宅に運んだ愛は、2人の思い出である1ピース欠けたパズルが飾られているのを見つける。その欠けた1ピースは自分が持っているのだ。

翌日、宗介と残業した愛はひょんなことから2人きりで作業することに。彼が、自分が小学生のときにかけた言葉を忘れないでいてくれたことを知り、胸いっぱいになった。

実家に帰った際、あの欠けた1ピースを発見。持ち帰ることに。仕事にまい進する中、ポケットに入れたはずの1ピースを社内でなくしていることに気づく。ようやく見つけるも、宗介の足元に……。彼がパズルに目を向けたそのとき、事情を知っている樋口が注意をそらすためハグ。「離せ!」と言われてもやめない。むしろ頭をポンポン。「すみません。BL特集のことを考えていたら思わず」などとごまかし、危機を脱出した。

その後、樋口は愛に1ピースを返却し「俺、副編集長にジャクソンの正体知られたくないなぁ」「昔のジャクソンはとられたから、今のジャクソンはとられたくない」と本音をポロリ。「どういう意味ですか?」と問うと、樋口はひざまずき「結婚しよう!」とプロポーズする。突然の行動に笑う愛。「王子様みたいじゃなかった?」「パカラッパカラッ」とおどける樋口だったが、伝わらない思いに、切ない表情を浮かべていた。

ネット上では、樋口と宗介の突然のハグシーンに​​「きゅんきゅんした」「ドキッとした」との声が。また、樋口のプロポーズシーンには「切なすぎる」「涙腺崩壊した​​」「大泣きしてしまった」とのコメントがあった。

次回第4話は7月27日の放送。宗介と愛は急遽1泊2日で出張することに。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加