【続報】”DV被害者リスト”漏えい 浜松市が謝罪会見 「おわび申し上げます」 記載者には個別で説明へ

【続報】”DV被害者リスト”漏えい 浜松市が謝罪会見 「おわび申し上げます」 記載者には個別で説明へ

  • 静岡第一テレビ
  • 更新日:2022/08/05
No image

浜松市は7月、DV被害支援対象となっている66人分の個人情報が記載されているリストを、誤って、市内の女性に送っていたことを5日発表し、謝罪。誤送付された女性は強い憤り。

浜松市は7月、DV被害支援対象となっている66人分の個人情報が記載されているリストを、誤って、市内の女性に送っていたことを5日発表し、謝罪しました。

(浜松市の担当者)

「多大なるご迷惑をおかけしたこと、おわび申し上げます」

5日夜に会見を開いた浜松市は7月15日、市内の女性に発送した封筒の中に、DV被害支援対象となっている66人分のリストを誤って同封したことを発表し、謝罪した。

リストには氏名や住所などが記載されていて、すでに回収したという。

浜松市からリストを誤送付された女性は、家族がDV被害を受けたことから個人情報の閲覧制限をかけていた。

女性は8月4日にリストが同封されていることに気づき連絡したものの、市が引き取りに来たのは丸1日以上経過したあとだったこともあり、強い憤りを感じている。

(リストを誤送付された女性)

「(DV)被害があるからそういう措置をとっているわけで、一般的な個人情報が流出したのとはわけが違う。こういったリストをなぜ印刷しないといけなかったのか。改善策を求めたい」

浜松市はリストに載っていた人に対し、おわび文を送り個別に説明していくという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加