配車サービスの「曹操出行」、シリーズBで38億元調達

配車サービスの「曹操出行」、シリーズBで38億元調達

  • 新華社通信
  • 更新日:2021/09/15
No image

配車サービスの「曹操出行」、シリーズBで38億元調達

曹操出行のサービス車両。(同社ホームページより、北京=新華社配信)

【新華社北京9月15日】中国の自動車大手、浙江吉利控股集団傘下でインターネット配車サービス「曹操出行」を運営する杭州優行科技はこのほど、シリーズBの資金調達ラウンドで38億元(1元=約17円)を調達した。配車サービス企業として今年初めてのエクイティー・ファイナンスによる資金調達で、調達額は昨年以来の最大規模となる。江蘇省蘇州市の投資会社、蘇州市相城金融控股(集団)など主に地方の国有企業5社が出資に参加した。

杭州優行科技は2015年の設立。現在は62都市でサービスを展開する。ビッグデータ分析プラットフォーム「極光(Aurora Mobile)」のまとめでは、21年1~3月の月間アクティブユーザー数(MAU)は前年同期比2.4倍の567万9千人。同社の龔昕(きょう・きん)最高経営責任者(CEO)によると、登録ユーザー数は6千万人を超えている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加