エンゼルスのノーヒッター達成左腕 試合中、唯一集中を途切れさせた味方の行動とは

エンゼルスのノーヒッター達成左腕 試合中、唯一集中を途切れさせた味方の行動とは

  • THE ANSWER
  • 更新日:2022/05/13
No image

ノーヒットノーランを達成したエンゼルスのリード・デトマーズ【写真:ロイター】

デトマーズ投手がノーノー達成舞台裏語る

米大リーグでエンゼルスのリード・デトマーズ投手が10日(日本時間11日)の本拠地レイズ戦で自身初のノーヒットノーランを達成した。メジャー2年目の快挙について、米メディアで舞台裏を告白。唯一集中を切らせたのが味方による異例の行動だったと語った。

デトマーズはMLB公式放送局「MLBネットワーク」の番組「MLBトゥナイト」に出演し、快挙を振り返った。同局の公式ツイッターが公開した動画内で、「特別なことが起きると予感したのはどの時点か」と聞かれ、「6回辺りかな。6回を過ぎれば『あとアウトを9つ取ればいい』って感じだからね。でもその時点までは、試合中にほとんど考えていなかったよ」と語った。

9回108球を投げ切ったデトマーズ。イニングを追うごとに快挙を期待する球場のボルテージは高まっていった。そんな中で、どのように集中を保ったのかを聞かれると、「冷静さを保とうと努めていたよ。でもレンドンが左で本塁打を打った時は、立ち上がって握手しに行くのを止められなかった。あんなの見たことなかったからね。(それ以外は)自分のルーティンを守っていたよ」と告白した。

8-0とリードした8回、相手のレイズは6番手として野手のブライドン・フィリップスが登板。本来右打ちのアンソニー・レンドンが左打席に入り、フルスイングで右翼席に本塁打を放った。異例の行動は大きな話題となっていたが、デトマーズもこの時ばかりは興奮した様子。この後、9回を3人で抑えた22歳は、チーム史上11度目のノーヒットノーランを達成。忘れられない試合となった。

(THE ANSWER編集部)

THE ANSWER編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加