松山ケンイチ×東出昌大×田恵輔 “BLUE”に重ねられたボクサー&俳優の人生

松山ケンイチ×東出昌大×田恵輔 “BLUE”に重ねられたボクサー&俳優の人生

  • QJWeb クイックジャパンウェブ
  • 更新日:2021/04/06
No image

2021年4月9日に封切られるボクシング映画『BLUE/ブルー』。この映画で描かれるのはボクシングという競技そのものというよりも、ボクシングにすべてを懸けた“ボクサー”の悲喜こもごもの人生だ。

勝てないボクサー・瓜田に扮した松山ケンイチと、勝ちつづけるボクサー・小川を演じた東出昌大、そして30年以上のボクシング歴を持つ𠮷田恵輔監督の3人が語る“ボクシングと人生”。

「練習した日々の美しさにおいて、勝った側と負けた側どっちが上か下かはない」

私見だが、ボクシングは最も映画と相性のいいスポーツではないだろうか。

日本では「拳闘」という映画的エモーションを掻き立てる2文字で訳されるボクシングは、古今東西、さまざまな名作映画を生み落としてきた。

そして、ここに、最新の名作が誕生した。

映画『BLUE/ブルー』予告編(120秒)

『BLUE/ブルー』。長年にわたってボクシングをつづけている𠮷田恵輔監督が、松山ケンイチと東出昌大という心躍る顔合わせで贈り届けるまっさらな感動。対照的なボクサーふたりの生き方を中心に、ボクシングという人生を凝視する。もちろん試合シーンも素晴らしいが、ジムという空間でボクサーが過ごす時間がかつてなかったかたちで捉えられていることが本作のオリジナリティだ。そこから見えてくる、ボクサーの内面。一人ひとりのモチベーションが違うからこそ、スクリーンを見つめる私たちも惹きつけられる魅惑がある。

勝てないボクサー・瓜田を体現する松山ケンイチと、勝ちつづけるボクサー・小川を演じた東出昌大、そしてオリジナル脚本も手がけた𠮷田恵輔監督に訊いた。

No image

松山ケンイチ
(まつやま・けんいち)1985年生まれ、青森県出身。主な出演作に、『デスノート』(2006年)、『ノルウェイの森』(2010年)、『マイ・バック・ページ』(2011年)、『聖の青春』(2016年)など。公開待機作に、荻上直子が監督を務める『川っぺりムコリッタ』がある。

「モチベーション? 始めるきっかけはあったにしろ、やってるうちに瓜田にとっては『居場所』になっていったと思うんですよ。そこにいなきゃいけないということではなく、そこにいることが心地よくなっている。だから、ボクシングができていたんじゃないかな。
ボクシングを観るのは好きなんですが、ボクサーの人たちが闘っているときの気持ち、どういうところがおもしろいのかはわからなかったんです。今回、実際にやってみて、練習のときの動きは相手とのコミュニケーションにもなっていくのがおもしろいなと思ったんです。でも、それはあくまでも練習のおもしろさで。試合ではもう、思いっきり殴られるわけで、非常に危険なことでもある。
そこまでして、どうしてボクシングをしたいのか、知りたかったんです。ボクサーの方々にいろいろ訊いてみると、『勝ったときの快感』とか。ただ、最後まで具体的な何かを見つけることはできなかった。ただ、やっぱり居場所がある、というのは大きいのかなと思いますね」

松山ケンイチの答えを受けながら、東出昌大が語る。

「やっぱり、拳で世界を獲れる、大金持ちになるチャンスがある、ということは大きいと思います。どのボクサーの方もおっしゃるんですよ。『世界ランク1位の人と対戦するチャンスがあったら、やはりやりたい』と。みんな、自分が一番だと思っているし、もしかしたらワンチャンあるかもしれない。上を向いてる部分はあると思います。あと、小川の場合、今さら、ボクシングから抜けられない、ということもあるかもしれません。ボクサーの方の影の部分として、『(虜になってしまっていて)ボクシングをどうしてもやめられない』という人もいるようです」

No image

東出昌大
(ひがしで・まさひろ)1988年生まれ、埼玉県出身。主な出演作に、『桐島、部活やめるってよ』(2012年)、『寝ても覚めても』(2018年)、『スパイの妻 劇場版』『おらおらでひとりいぐも』(共に2020年)など。公開待機作に、『峠 最後のサムライ』(7月1日公開)がある。

中学生のときから30年以上ボクシングをつづけている𠮷田恵輔監督は、ボクサーの現実をシビアに見据える。

「プロになってしまうと結局のところ、もう勝つか負けるか、なんですよね。ランキングや誰に勝ったかという、今現在の上下関係でしかなくなる。すごくいい人だけど弱いよね、というのはイヤで。あいつ、クソ性格悪いけど強いよね、のほうを望む。個人の性格とか人間性は関係ない。
ただ、負けた側も、人生という大きなものから見ると、練習した日々の美しさにおいて、勝った側とどっちが上か下かはないなって。死ぬときにお墓に持ち込むものとしては、変わりはないんじゃないかなと」

「何かに向き合い過ぎると、理解を超えた関係性になるのかもしれない」

No image

瓜田と小川は親友同士。先に始めたのは瓜田だが、ボクサーとしての実績は明らかに小川が上。しかし、ふたりの関係性はずっと変わらない。小川がタイトルマッチに挑戦するときでさえ、連敗中の瓜田はあくまでもボクシングの先輩として小川にアドバイスする。小川も、素直に聞く。その姿は、友情のひと言で片づけられるものではない。どっちもすごい。人間と人間との関係性は、互いの「維持しようとする意志」が支えているのだという真実が伝わってくる。そうした有り様も、この映画のかけがえのない美徳だ。

松山は「僕も好きなんですよね、ああいう関係性」と微笑む。
「ただ、普段生活しているなかで、人と人との関係性の維持ということは、全然考えたこともなかった。意識していないかもしれないけど、とても大人だし、大事なことをふたりはしていたんだなと思いますね。監督、そこは考えていたことなんですか?」

𠮷田監督が言う。

「瓜田がみんなから好かれているのは、人間としての部分ですよね。小川はどちらかといえば、ボクサーとしての自分が前面に出ている。ただ、瓜田には人間的な部分で接する。そして、あるとき瓜田は、小川にボクサーとしての本音を吐露する……感情的になって、初めてボクサーとしての部分が表出する。そういう関係性なのかな」

No image

𠮷田恵輔
(よしだ・けいすけ)1975年生まれ、埼玉県出身。主な監督作に、『銀の匙 Silver Spoon』(2014年)、『ヒメアノ~ル』(2016年)、『愛しのアイリーン』(2018年)など。公開待機作に、古田新太と松坂桃李が共演する『空白』がある。

小川は、一瞬たりとも、瓜田に対して上から目線の態度を見せない。尊い。
東出は、慎重に言葉を重ねる。

「ボクサーには多いのかもしれませんね。白黒はっきりした世界で、挫折する人も多いわけですが、僕が出逢ったボクサーの方々は、人の痛みがわかる優しい人ばかりでした。表面的にブイブイ言いながらもね。
活躍なさっている方も、なかなか活躍できない人が相当自分を追い込んでボクシングしていることがわかっているから、『あいつ、弱い』とバカにするようなことはないと思います。小川も自分の才能を一回置いておいて、瓜田のことを心から尊敬していると思います」

瓜田と小川が、スマホの小さな画面をふたりでのぞき込む場面がある。その距離感がいい。まさに上下関係が抹消されている。

No image

映画『BLUE/ブルー』より

監督の顔がほころぶ。

「ボクシングって、ちょっと追求すると、ボーイズラブに近いものになっていくかも(微笑)。ふたりだけにしかわからない世界があるというか。ちょっといちゃついてるようにも映る。
瓜田と小川は、バンデージの巻き方を教え、教わるところから始まっているふたりだから、BL感もある(微笑)。ひょっとすると、俺はそういうものが見たかったのかもしれない……」

松山ケンイチと東出昌大は『聖の青春』でも共演。ライバル棋士同士に扮している。

「あれももしかしたら……」

松山は想いを巡らせる。
『聖の青春』のふたりにも、特別な結びつきが感じられた。

𠮷田監督が言葉を重ねる。

「何かに向き合い過ぎると、理解を超えた関係性になるのかもしれない」

No image
No image
No image

松山ケンイチ×東出昌大が生む化学反応

松山と東出が組むと傑作が生まれる。
私はそこに、運命を感じる。
ふたりは、互いのことをどう思っているのだろう。

No image

松山は、カジュアルに語る。
「『聖の青春』をやらせていただいているので、しゃべらなくても信頼関係があるんです。安心感があった。なんとかなるだろうって。台本も手放すことができた。𠮷田監督だからこその空気作りもあって、楽しんでいるうちに終わった。全部、楽しかったな。まさに『居場所』でした」

監督も感慨深げに振り返る。
「(撮影が)終わったとき、甲子園の夏が終わったような気がして……」

東出はリスペクトの念を込めて、松山について話す。
「言わずもがな、敬愛する大先輩ではあるんですが、『聖の青春』でご一緒した経験を抜きにして、(松山の)何がどれくらいすごいのか、わかるようになってきた。同じ職業になってから、わかるようになってきた部分はある。
監督が設計図を書いたとしたら、大工の棟梁が松山さんなんです。カリスマ性のある棟梁のいるプロジェクトに入れることが下っ端の職人はうれしくてしょうがない。そんな気持ちでした」

No image

『BLUE/ブルー』というタイトルの解釈

『BLUE/ブルー』。改めて、いいタイトルだ。

監督が、そこに込めた想いを解説する。
「もともとは『ブルーコーナー』だった。(ボクシングの挑戦者を意味する)青コーナーが、今回のテーマだと思っていた。そのままタイトルにしたんです。
(作品が完成した)あとで思ったことなんだけど、俺の映画の中で一番透明感があるんだよね。俺の映画って(いつも)悪意の塊だけど、あの意地悪さがない(笑)。ずっとやってきたボクシングには、悪意を入れづらかったのかな(笑)。俺って、こんなに透明感あったんだ!って(笑)」

松山ケンイチの“BLUE”という単語の捉え方は秀逸だ。
「(俳優にとっては)どの役も青コーナーから入場するしかないんですよ。毎回、青コーナーに立っていると思う。だから『ブルーコーナー』というタイトルの脚本を最初に読んだとき、BLUEは瓜田のことであり、僕のことでもあるなと。どの役も青から入場せざるを得ない。(『男はつらいよ』シリーズの)寅さんみたいに40何作もあったら赤コーナーから入れるかもしれないけど(笑)。
でも、青コーナーのほうが燃えるし、やっぱりいいですね」

キャリアを重ねても、俳優にとって役は、挑戦でしかない。“青”がより深まる名言である。

東出昌大は『BLUE/ブルー』というタイトルを気に入っているという。
「映画を観終わったいち映画ファンとしての感情なんですけど。青は、挑戦者の色でもあるし、青春の青臭さ、食事中は食欲を減退させる色でもあるけど、抜けるような青空もある。いろいろなグラデーションが存在する稀有な色だと思うんです。それがまさしく、この映画の特色であるとも思います」

稀有な色を宿した映画。
それが『BLUE/ブルー』だ。

No image

相田冬二

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加