サッリ監督就任のラツィオ、獲得しそうな7名のスター

サッリ監督就任のラツィオ、獲得しそうな7名のスター

  • Qoly
  • 更新日:2021/06/11
No image

マウリツィオ・サッリ監督が就任することが決まったイタリア・セリエAのラツィオ。

𝙐𝙁𝙁𝙄𝘾𝙄𝘼𝙇𝙀 🤝
Maurizio Sarri è il nuovo allenatore de #LaPrimaSquadraDellaCapitale ⚪️🔵

➡️ https://t.co/rfiKjcRd4S pic.twitter.com/c13ZOstWmB
— S.S.Lazio (@OfficialSSLazio)
June 9, 2021
from Twitter

今回はそのラツィオが獲得する可能性が高いと伝えられている選手をメディアからまとめてみよう。

なおサッリ監督は就任にあたって4-3-3を使うために「センターバック、サイドバック、2名のミッドフィルダー、1名のウイング」の獲得を要求しているとのことだ。

ニコラ・マクシモヴィッチ

No image

クラブ:ナポリ

ラツィオがクラブ公式アプリのプレスリリースで言及している選手の一人、29歳のセルビア代表DFマクシモヴィッチ。サッリ監督がナポリ時代に指導したディフェンダーであり、今夏のマーケットでフリーエージェントとなる。

守備的MFでもセンターバックでもプレーできる彼はサッリ時代の主力であった。タダで獲得できるという点もあって、リヴァプールやトッテナム・ホットスパーが狙っているとも言われる。

エルセイド・ヒサイ

No image

クラブ:ナポリ

まさにマウリツィオ・サッリの愛弟子といえるアルバニア代表DFエルセイド・ヒサイも、今季でナポリとの契約が満了になる選手だ。エンポリから続いて指導を受けてきたこともあり、戦術を熟知している。

彼についてもラツィオは公式アプリのプレスリリースで言及しており、獲得に向かっていることは間違いない。イグリ・ターレGMの交渉次第となってくるだろう。

ジェローム・ボアテング

No image

クラブ:バイエルン

かつてミロスラフ・クローゼがやってきたように、ラツィオはバイエルン・ミュンヘンで活躍したドイツ代表のスターを引き入れようとしているようだ。

ジェローム・ボアテングは今季限りでバイエルンとの契約が満了になるため、フリーで獲得が可能。しかしそのプレーはまだ世界最高クラスであり、ライバルは数多い。ラツィオはかなり熱心に誘いをかけているそうだ。

ルベン・ロフタス=チーク

No image

クラブ:チェルシー

今季はチェルシーでフランク・ランパード監督の構想から外れ、フラムへと貸し出されていた。しかしクラブの降格を止められず、トーマス・トゥヘル監督にも戦力として計算されていないと言われている。

2019年にアキレス腱の重傷を負ってから13ヶ月の欠場を経験し、期待の若手から「忘れられた男」になってしまったロフタス=チーク。サッリ監督の下でキープレーヤーの一人だった彼であるからして、ラツィオ移籍が噂されるのも当然というところか。契約はローンになる見込みとのことだが…。

モアテン・トルスビー

No image

クラブ:サンプドリア

ナポリも狙っているという吉田麻也のチームメイト、ノルウェー代表MFのモアテン・トルスビー。189cmという大柄な体格を持っている選手で、中盤に強さを加えられるタレントだ。

2023年まで契約を残していることからそれなりの移籍金を必要とすると予想されているが、ラツィオも彼の獲得に乗り出しているクラブの一つであるという。

マッテオ・ポリターノ

No image

クラブ:インテル(ナポリにローン中)

今季セリエAを制覇したインテルからナポリへとローン移籍している27歳のアタッカー。その契約は2年間で、しかも買取の義務がついているというものであるという。

今季はセリエAで9ゴールとかなりの成績を残したことから注目を集めているが、買取の価格が2000万ユーロと高い。ラツィオはそこをうまく突くことができるか…。

ステヴァン・ヨヴェティッチ

No image

クラブ:モナコ

メディアによれば、マウリツィオ・サッリ監督はモナコに所属しているモンテネグロ代表FWステヴァン・ヨヴェティッチをウインガーとして起用したいという考えを持っているという。

【写真】クレスポが選ぶ「最高のチームメイト22名」

今季はリーグアンで29試合に出場して6ゴールとそこそこのプレーを見せたが、夏に満了になる契約が延長されることはなかった。フリーエージェントとなるためラツィオにとっても狙いやすいターゲットだが、スペインのグラナダも彼に接近しているという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加