斉藤優里、堀未央奈の個人PVで森翔太が見せた「個人PVの振れ幅の大きさ」【乃木坂46「個人PVという実験場」第15回3/5】

斉藤優里、堀未央奈の個人PVで森翔太が見せた「個人PVの振れ幅の大きさ」【乃木坂46「個人PVという実験場」第15回3/5】

  • 日刊大衆
  • 更新日:2021/01/14
No image

※画像は乃木坂46『今、話したい誰かがいる』より

乃木坂46「個人PVという実験場」

第15回 既存の表現を自身の表現とする方法論 3/5

■個人PVの幅を広げる

関連:齋藤飛鳥個人PV「齋藤飛鳥 電波ジャック中」「飛鳥マウス、街にあらわる」を重ね合わせると見えてくるもの【乃木坂46「個人PVという実験場」第15回2/5】

ここまで、テレビCMや街歩き番組など、既存の映像コンテンツを採り入れたタイプの個人PVをいくつかみてきた。こうした既存ジャンルをモチーフにした作品を考えるとき、乃木坂46の個人PVにおいて特に異彩を放つクリエイターを見出すことができる。それが、2015年の13枚目シングル『今、話したい誰かがいる』から乃木坂46の個人PVに携わる森翔太である。

個人PVというフィールドで森が創り出すのは、どこかで見たことのあるジャンルの映像をパロディ化し、彼特有の仕方で笑いを生む作品である。森が持つ一風変わった着眼点と視野のずらし方は、個人PVというショートフィルムの見本市に新鮮な彩りを添え、この企画の中でできることの幅をまた広げてみせる。

初めて個人PVの監督を務めた斉藤優里主演「愛の二等辺三角形」ですでに、その手腕はきわめて鮮やかに発揮されていた。

https://www.youtube.com/watch?v=_I2j8CEMlRQ
(※斉藤優里個人PV「愛の二等辺三角形」予告編)

かつての青春ドラマを彷彿とさせる架空の予告集という体裁をもつ本作は、活動弁士の坂本頼光が担当するナレーションや特徴的なテロップのフォント等によって大時代的なズレが表現され、レトロな可笑しみを生み出している。

さらに、計5回分の予告編を連続させる構成の中で全体を通じて一定のパターンを設けつつ、次第に同一のシーンに対して異なる文脈を当てはめて、意味をずらしていく。

やがてそこには旧時代的な大仰さだけではない突飛な展開が立ち現れ、この作品の本当の味わいが見えてくる。坂本によるアテレコの珍妙さや唐突な幕切れまで、一気に加速していくこの怪作は他にはない鮮烈なインパクトを残していった。

■「わざとらしさのパロディ」を描く

森は続く14枚目シングル『ハルジオンが咲く頃』の個人PVでも再び起用されると、今度は乃木坂46のなかでも特に不条理な空気感の醸成に長けた演者である堀未央奈とタッグを組む。

https://www.youtube.com/watch?v=MxfT6-RGsWk
(※堀未央奈個人PV「私は不幸を呼ぶ女」予告編)

ここでも森が採用したのは若者を主役としたドラマ的なフォーマットだった。堀と付き合う男性の身に次々と不幸がおとずれるさまをダイジェストで見せていくこの作品では、前作「愛の二等辺三角形」と比べても意図的にチープな画や展開で見せ、パロディものであることをあからさまに示す。

あるいはまた、「愛の二等辺三角形」でも使用され、この作品にも再度用いられた『世界の中心で、愛をさけぶ』からの引用も、単にパロディであるということ自体の効果というよりも、かつてさまざまな場所で再三繰り返された“セカチュー”の物真似を、今さらあえて採用することのチープ感の表現といえる。

さらに作品の後半で繰り広げられるのは、この「私は不幸を呼ぶ女」がテレビドラマである、すなわちテレビという放送メディアで視聴されているという設定を踏まえた、もうひとつ異なる位相のパロディである。ここでは、パロディ元のとあるジャンルがそもそも備えているわざとらしさや簡素さを取り込んで、「わざとらしさのパロディ」を描いてみせる。

このシングルの表題曲MVでは、山戸結希が監督するドラマの中で重要な役どころを務める堀だが、同じパッケージに収録された森翔太による個人PVではあくまでチープなパロディの主役をまっとうしている。同一タイトルのうちに振れ幅の大きな演技の機会が用意されているのも、乃木坂46のシングルの面白さである。

そして、個人PVという場に活路を得た異能の人・森翔太は、さらに既存ジャンルを取り込んだ風変わりな作品を手がけていくことになる。

いま一番読まれている記事を読む

香月孝史

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加