【ジャパンC】グランドグローリー 好調アピール、陣営「輸送での疲れも取れた様子」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/11/25

グランドグローリーは競馬学校の丸馬場で軽い運動をした後、ダートコースへ。軽いキャンターで汗を流してから5F72秒0~1F11秒9の時計を出した。デュモン助手は「引き続きカイバをよく食べて、輸送での疲れも取れた様子です。騎乗した感触もとても調子がいいように感じました。東京競馬場に移動してからの調教は体重が少し減ったこともあり、軽めで行う予定です」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加