大坂のコーチ 最優秀候補に選出

大坂のコーチ 最優秀候補に選出

  • tennis365
  • 更新日:2020/11/20
No image

今年3月のフェドカップでのフィセッテ氏 : 画像提供 ゲッティイメージズ

女子プロテニス協会のWTA公式サイトは19日、今シーズンのコーチ・オブ・ザ・イヤー(最優秀コーチ賞)の候補3名を発表。世界ランク3位の大坂なおみのコーチであるウィム・フィセッテ(ベルギー)氏が候補に選ばれた。

>>ATPファイナルズ組み合わせ表<<

フィセッテ氏はこれまでK・クレイステルス(ベルギー)V・アザレンカ(ベラルーシ)S・ハレプ(ルーマニア)A・ケルバー(ドイツ)らのコーチを歴任。大坂とは2019年の12月からタッグを組み約1年間コーチ関係を結んでいる。

23歳の大坂は今季、1月のブリスベン国際(オーストラリア/ブリスベン、ハード、 プレミア)で4強入り。全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)では3回戦でC・ガウフ(アメリカ)に屈したが、新型コロナウイルスによるツアー中断明けの8月にはW&Sオープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、ATP1000、WTAプレミア)で準優勝を飾った。

また、無観客開催となった全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)では第4シードとして出場。V・アザレンカを決勝で下し2018年以来2年ぶり2度目となる全米タイトルを獲得した。

フィセッテ氏のほかには、今季ツアー初優勝を果たし世界ランク自己最高の24位にまで浮上したJ・ブレイディ(アメリカ)のコーチを務めるミカエル・へセラ―(ドイツ)氏、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)を19歳で制した同17位のI・シフィオンテク(ポーランド)のコーチであるピオール・シェルプトゥスキ(ポーランド)氏も候補に選出されている。

仮に大坂のコーチであるフィセッテ氏が受賞した場合は、2018年のサーシャ・バイン(ドイツ)氏に続きコーチ2人目の栄誉となる。

[PR]「男子テニス Nitto ATPファイナルズ」11/15(日)〜11/22(日)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!

■詳細・配信スケジュールはこちら>

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加