iPadの製造数のうち20%をベトナムで行うべく計画〜iPhoneのインドに続く

iPadの製造数のうち20%をベトナムで行うべく計画〜iPhoneのインドに続く

  • iPhone Mania
  • 更新日:2022/09/23
No image

Appleが将来的に、iPadの製造数のうち20%をベトナムで行うべく計画していると、JP Morganが顧客向けレポートに記していることが明らかになりました。

iPhoneの製造拠点を徐々にインドに

同レポートでは、Appleは2025年までに、iPhoneの全製造数のうち25%をインドで生産すべく計画していることが記されているとReutersが報じていました。

インドでは現在、iPhone14に加え、iPhone14 Plusの製造も行われていると、TechCrunchが伝えています。

iPhone以外はベトナムに製造拠点整備か

AppleはiPadの製造拠点について、中国からベトナムへの移行を計画しているようです。

ベトナムでの製造数は2025年に、iPadとApple Watchの20%、MacBookシリーズの5%、AirPodsシリーズの65%を占めるまでになるとJP Morganは予測しています。

ベトナムでは中国BYDが、2022年6月からiPadの製造を開始しています。

Source:TechCrunch
Photo:Apple
(FT729)

あわせて読みたいiPhone14シリーズ 関連特集

【速攻予約】iPhone14を予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加