C大阪がサポーター説明会 クルピ監督「持てるものすべてをささげたい」

C大阪がサポーター説明会 クルピ監督「持てるものすべてをささげたい」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/02/23

J1C大阪は23日、本拠地のヤンマースタジアム長居で、サポーターに今季の方針などを説明する「サポーターズコンベンション」を開いた。

8季ぶりに指揮を執るレビー・クルピ監督(67)は「ブラジルでは監督業の引退を発表していたが、日本から電話でオファーをもらい、体中からエネルギーが湧いてきた。持てるものすべてをささげたい」と必勝を誓った。クラブは昨季の4位を上回る3位以内をノルマに掲げる。

選手ではJ2東京Vから15年ぶりに復帰したFW大久保嘉人(38)がサプライズで登場。現在はJ1最多の185得点を記録しており「あと15点で(大台の200得点が)見えている。今年絶対取りたい」と意気込んだ。

補強面では16日に獲得を発表した前神戸のDFダンクレーがこの日から合流したことを発表。梶野智チーム統括部長は新加入選手を説明するスライドに「(共に新加入DFの)チアゴの入国規制と鳥海の怪我の離脱により緊急補強」と記載した。ビデオメッセージを寄せたダンクレーは「ファイティングスピリットや戦う姿勢を見てもらいたい」と熱く語った。

No image

サポーターに向けあいさつするC大阪・クルピ監督

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加