EXILE TETSUYA「チャンピオン、金メダリスト見たい」卓球の男女U12ナショナルチームのコンディショニングコーチに就任

EXILE TETSUYA「チャンピオン、金メダリスト見たい」卓球の男女U12ナショナルチームのコンディショニングコーチに就任

  • TOKYO HEADLINE
  • 更新日:2022/06/23
No image

EXILE TETSUYAが卓球の男女ホープスナショナルチーム(HNT)のコンディショニングコーチに 2022年4月1日付けで就任、23日、都内で行われた就任式と記者会見に出席した。TETSUYAは「責任もあること。しっかりと務めさせていただきたい」と挨拶し、日本卓球協会の宮崎義仁専務理事から就任状を受け取った。

HNTは、日本卓球協会が2001年に10年後の卓球界を見据えて構成された12歳以下のナショナルチーム。U12(12歳以下)、U10(10歳以下)、U8(8歳以下)と細かくカテゴリーが分けられており、一期生には水谷隼さんがいる。また東京2020大会で活躍した張本智和ら出場選手はみなHNTの出身で、確実に成果を出している。

一方で、早期専門化が進むことで、成長真っただ中にある子どもたちの運動に偏りが出ると、身体のバランスが崩れる可能性や、将来的に怪我につながる恐れもあると考えられるようになってきた。そこで、2020年11月の強化合宿で、U7の合宿をした際に、EXILE TETSUYAが考案・監修する「EPI Quality」のダンストレーニングプログラムを導入。それがきっかけとなって、EXILE TETSUYAのコンディショニングコーチ就任につながった。

No image

記者発表では、強化合宿で子どもたちが笑顔で身体を動かす様子が動画で紹介された。プログラムには、卓球選手の動きも落とし込まれているという。

TETSUYAは現状行っているウォームアップやトレーニングについて聞かれると、「初めて卓球の選手の動きをまじまじと見たのは、Tリーグが開幕した時の開幕戦でした。張本選手がウォーミングアップで打っていたんですが、すごくリズミカルで、ダンスでいうならアップのリズムで、ダンスっぽいと感じました。それで、アップのリズムをしっかりとりながら動作をする、音楽に合わせるのがいいウォーミングアップになるんじゃないかと思いました。ただ、他の選手を見るとそれが(ダンスの)ダウンのリズムだったりもして、選手ごとにバリエーションがあることにも気づいて、そういうことも考えるようになりました」

また、「伊藤美誠選手が180のBPMでラリーをすると聞いて、180BPMの音楽を作ったらどんな感じなんだろうと音楽を用意して、そのリズムでジャンプしたり、ステップを踏んでみたりとか、卓球のフォアハンドを取り入れたジャンプをしたりしています」と、スピードについても言及した。

No image

宮崎専務理事は「伊藤美誠のピッチ180のギネス世界記録を超える世代としてピッチ185で身体を慣らせということ指示したら、次の合宿の時にはピッチ185の音楽が鳴って、それで選手が足踏みをしたりしている。科学的に人間の神経系が成長するのは12歳までということが研究で出てます。HNTの時代にTETSUYAさんを通じてピッチ185を体感できるというのは大変すばらしいこと。僕らはスポーツのプロですけど、(TETSUYAさんは)ダンスのプロ。そこをうまくミックスしてくれてカリキュラムって入れてもらえる。大変ありがたいなと思ってます」と、話した。

「卓球の世界チャンピオン、金メダリストっていうところを、宮崎さんと一緒に見たい」と、TETSUYA。「その選手が昔からやっているダンストレーニングがどの会場でもウォーミングアップとして取り入れてられているとか、ダンスが好きになった状態で卓球に打ち込んでる姿が見られたら素敵だなと思う」と、期待を膨らませた。

ダンスウォーミングアップ「小学生に波及すれば」

宮崎専務理事は発表会の中で、子どもたちのウォーミングアップにおける問題にも触れた。

「2001年に初めて小学校のナショナルチームを作ったんですが、小学生ってウォームアップをやらない。来たらすぐ練習なんです」と、宮崎専務理事。また、大人と違って、子どもたちがおしゃべりをしたりして身体が温められないこともあったそう。「中学校の学校の卓球部から初めてウォームアップが始まります。それを小学生からウォームアップやって体を慣らしてから練習やるんだよ、といつか全国大会で発表したい。ダンスをやって汗をかいてウォームアップして、それが結果として怪我をしない体を作る」

卓球だけでなく、他のスポーツへの広がりも期待する。

「小学生にはダンスでウォーミングアップをやることは大変効果があると思います。卓球界からスタートしておりますが、他の競技、小学校の体育の授業に波及すると大変いいのではないか」と、期待を寄せていた。

No image

酒井 紫野

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加