週末はサクッと外飲みしたい!一人で行っても居心地抜群で楽しめる話題の人気店へ!

週末はサクッと外飲みしたい!一人で行っても居心地抜群で楽しめる話題の人気店へ!

  • 東京カレンダー
  • 更新日:2020/07/18
No image

外食に出かけたいけど大勢でワイワイというのもまだ無理だし、一人でもサクッと楽しめる店を知りたいところ。

そんなあなたに今回紹介するのは、幡ヶ谷に誕生した新店ビストロ『ウィル オ ウィスプ』。

本場フランスや、人気店『PATH』で培った技術で作る料理は驚きと感動の連続だ!

<人気関連記事>
幸せ感じるふわふわ卵サンド特集!週末にサクッと買いに行きたい名物メニュー3選!

休日くらい外食したい!昼飲みならランチで気軽にロゼワインを楽しめる人気店へ!

No image

所々に和のテイストをちりばめた開放感あふれる店内

おひとり様ウェルカム! センス抜群、居心地最高なビストロ発見

もう家飲みも飽きたし、週末くらいは気軽にワインと美味しい料理を楽しみたい…。そんな気分の日には、幡ヶ谷に誕生したビストロ『ウィル オ ウィスプ』を訪れてほしい。

センス抜群な代々木公園の人気店『PATH』出身の光安北斗シェフが開いた話題の新店で、カウンター席もあるのでおひとり様ウェルカム!

フランスで料理人人生をスタートさせた本場仕込みの技術で作る彼の料理は、どれもワインを進ませる上質な味わいだ。

No image

「ウフマヨ」(600円)。オーストリアワインの「フローラ」(グラス1,000円)を合わせて召し上がれ

まずは人気の「ウフマヨ」 濃厚な魚卵ソースがたまらない!

まずは前菜から人気の「ウフマヨ」をオーダー。半熟卵の上にかかるのは、魚卵や魚醤を混ぜてコクのある味わいに仕上げた自家製マヨネーズとカラスミ。

卵(半熟卵)×卵(魚卵)×卵(カラスミ)という最高の組み合わせだ!

この一皿に合わせたのは微発泡で果実みが豊かなオーストリアワイン「フローラ」。ウフマヨの濃厚な味わいに、心地よい余韻を与えてくれる。

No image

「鰆のロースト、春野菜のフリット」(3,000円)※写真は料理の一例

ひと皿でも多彩に取り入れる旬の味!

ひと皿の中に様々な季節の味わいを上手に取り入れてくれる光安シェフ。例えば取材時は「鰆のロースト、春野菜のフリット」をご用意いただいた。

低温でじっくり焼き上げた唐津港から仕入れる寒鰆に、菜の花やルッコラ、蕾菜など数種類の野菜のフリットを添える。

グァバソースや京人参パウダーなどで、少しずつ味の変化を楽しめるのも嬉しい。

食欲を刺激してくれる定番の逸品をご紹介!

No image

「白石牛のカツレツと焼りんごのピューレ」(3,800円)には、すっきりとした飲み口のワイン「カーブドッチ」(グラス1,100円)をオーダー

ロゼ色にレアなカツレツ またもう一杯おかわり!

佐賀県の白石牛をサッと揚げ、レアに仕上げた「白石牛のカツレツと焼りんごのピューレ」もシェフおすすめの一品。

注目は、使用する自家製パン粉。シェフの友人であるパン職人たちから仕入れるパンを使用しており、そこに粉末にした春菊を入れ特製のパン粉を作り上げているのだ。

揚げたときに香ばしく、赤身の美味しさが特徴の佐賀県産白石牛の美味しさを一層引き立ててくれる!

No image

「イカとブータンノワールのリゾット」(2,800円)。イカの種類や、あしらいに使う菊の花などは時期により変更あり

シェフの豊富な経験と知識から生まれた 同店定番の一品がこちら

料理は基本的に旬により変化していくが定番の一品としてご用意いただいたのが「イカとブータンノワールのリゾット」。

フランス修業時代に出会ったブータンノワールの缶詰を、イカと合わせてリゾットに仕上げた濃厚な味わいの一品だ。

仕上げにかかるヨモギオイルの香りや、菊の花の色合いが食欲を刺激してくれる。

No image

幡ヶ谷駅から徒歩すぐという好立地も嬉しい

最大の魅力は空間とシェフの人柄が生む居心地の良さ

オープン直後から独創的な美味しさでファンを集め、話題になった人気店『ウィル オ ウィスプ』。

天井が高く開放感があり、和のテイストも織り交ぜたこだわりの内装が「もう一杯頼んじゃおうかな」と感じさせてくれる。

今夜はこんなワイン好きには堪らない空間で、ゆったりとしたひと時を過ごしてはいかがだろう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加