大学入学共通テストは気温変化大 日本海側は雪や雨に注意

大学入学共通テストは気温変化大 日本海側は雪や雨に注意

  • ウェザーニュース
  • 更新日:2021/01/14

2021/01/14 15:43 ウェザーニュース

明後日16日(土)、17日(日)は、大学入試センター試験に代わる大学入学共通テストが行われます。
当日は北日本や日本海側で雨や雪となる所が多く、太平洋側では晴れる所が多くなります。

16日(土)は北日本や北陸で雨や雪

No image

初日となる16日(土)は、前線を伴った低気圧が北日本を通過するため、北海道では広い範囲で雪や雨の降る所が多くなります。

降り始めは雪の所が多いものの、低気圧に向かって暖気が入るため、沿岸部や平野部では一時雨寄りになる所が多くなる見込みです。ただ、十勝平野の内陸、道北では雪寄りの時間が長くなり、1時間に5cm以上の強い雪の降ることがあります。さらに太平洋側では雪の降る量も多くなるため、着雪に注意が必要です。

また、東北や北陸でも前線通過前後には一時的な強雨や落雷、突風のおそれがあります。

太平洋側は雨の降る所があるものの一時的で、東京は晴れて日差し暖かです。

17日(日)は西日本日本海側で雪

No image

2日目の17日(日)は冬型の気圧配置となって、上空1500m付近ー9℃以下の寒気が東北~北陸、中国、九州北部を覆ってきます。

日本海側は西日本の平地含めて雪となり、山陰の内陸でも雪が積もる所があります。

今週はじめにかけてのような大雪にはならないものの、上空に強い寒気が流れ込む北海道や風がぶつかり合うJPCZ(日本海寒帯気団収束帯)が流れ込む北陸は積雪増加のおそれがありますので、時間に余裕を持った行動が必要です。

東京や大阪など、太平洋側では雲が広がりやすく、すっきりしない天気となる見込みです。

気温のアップダウンに注意

16日(土)は暖気が流れ込むため気温が上がる所も多いものの、17日(日)は寒気の影響で、前日と比べて気温が大幅に低くなります。

16日(土)に17℃まで上がる予想となっている東京では、17日(日)は6℃と10℃以上低くなる見込みで、札幌でも5℃以上から一転して真冬日となります。

共通テスト初日と2日目で気温変化が大きいので、テストの際は上着やインナーを工夫するなど体調管理にお気をつけください。
雪が積もっているエリアでは、路面状況の悪化に注意が必要です。時間に余裕を持って、足元に気をつけてお出かけください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加