【三重県】秋の絶景・風物詩5選 可愛い電車とコスモス畑の心躍る景色

【三重県】秋の絶景・風物詩5選 可愛い電車とコスモス畑の心躍る景色

  • CREA WEB
  • 更新日:2021/10/14

なかなか思うように旅行ができず、「旅に行きたい!」熱が高まっている方も多いのではないでしょうか?

特集では、日本各地の観光のプロに、その土地ならではの秋の絶景・風物詩についてアンケートを実施。

今回は、三重県観光連盟公式サイト「観光三重」PR担当スタッフが選ぶ、秋の風景5選をご紹介します。

日本にはまだまだ知られていない絶景がそこかしこに。この先の旅の候補地にぜひ。

◆北勢線とコスモス畑

No image

北勢線とコスモス畑。※写真は2020年撮影時の東員駅前のコスモス畑。2021年度は東員町中央公園西側でコスモスが咲き誇る

三岐鉄道北勢線の沿線には、休耕田を利用した広大なコスモス畑を随所に見ることができる。濃淡のピンク色や白色のコスモスが一面に咲き誇る様は美しく、晴れた日にはかなたに鈴鹿山脈を望むことができるのも魅力。

「北勢線には、おもちゃのような『マッチ箱電車』が『ナローゲージ』と呼ばれる幅狭な線路を走っています。

ローカル線をトコトコと走る電車が東員駅から大泉駅の休耕田に差し掛かる頃、車窓の外にはコスモス畑が広がります。寄り道しながら沿線を楽しんでください」(「観光三重」PR担当スタッフ)

北勢線とコスモス畑(ほくぜいせんとコスモスばたけ)

所在地 三重県員弁郡東員町・いなべ市

◆メナード青山リゾートのセージ

No image

メナード青山リゾートのセージ。

メナード青山リゾートは、標高600メートルの高原の丘陵に広がる総合リラクゼーションリゾート。施設内には8ヘクタールにも及ぶ広大なハーブガーデンがあり、年間300種類を超えるハーブが彩りと香りを競い合うように咲き匂う。

「秋はセージが見ごろを迎えます。赤色のサルビア、水色のボッグセージ、紫色のラベンダーセージなど、色とりどりのセージが高原に咲き誇ります。

秋の深まりとともに色づいてゆくセージの美しさをご堪能ください」(「観光三重」PR担当スタッフ)

メナード青山リゾートのセージ(メナードあおやまリゾートのセージ)

所在地 三重県伊賀市霧生2356
https://www.menard.co.jp/resort/facilities/herbgarden/herbgarden.html

◆風伝おろし

No image

風伝おろし。

かつて熊野の海辺と山村を結ぶ要路として、人々が行き交っていた風伝峠。晩秋から春にかけての早朝、山側の盆地で生じた霧がこの風伝峠を越え、海側の麓へ吹き下ろす風に巻き込まれて発生する巨大な朝霧を「風伝おろし」と呼ぶ。

「朝霧が滝のように流れ込む姿は圧巻です!

寒暖差があり風がよく通るという気象・地形条件は、幻想的な光景をもたらすだけではなく、国内で唯一、アッサム茶の原種を栽培できる土地となっています」(「観光三重」PR担当スタッフ)

風伝おろし(ふうでんおろし)

所在地 三重県南牟婁郡御浜町尾呂志
https://www.kankomie.or.jp/spot/detail_21642.html

◆前川次郎柿

No image

前川次郎柿。

食を生かした「美食のまち」として、国内外に発信している多気町。甘柿の最高級品として知られる前川次郎柿のふるさとであり、県内最大の産地とされるこの町では、秋になると、たわわに実をつけた柿の木にあちこちで出会うことができる。

「10月下旬から11月上旬、町内の柿畑は黄紅色に染まります。里山の風景に溶け込んだ姿は日本の原風景そのものです」(「観光三重」PR担当スタッフ)

前川次郎柿(まえかわじろうがき)

所在地 三重県多気郡多気町

◆お茶の花ハーバリウム

No image

お茶の花ハーバリウム。

ハーバリウムとはガラスの小瓶に花をオイル漬けしたもので、インテリアフラワーとして人気のアイテム。

ハサマ共同製茶組合では、耕作放棄された茶畑に咲き乱れるお茶の花の活用方法として、お茶の花と葉っぱを使ったハーバリウムを制作している。

「椿に似た白い花は、上品で奥ゆかしく感じられます。農園ではお茶づくり体験と併せてワークショップも開催予定です」(「観光三重」PR担当スタッフ)

お茶の花ハーバリウム(おちゃのはなハーバリウム)

所在地 三重県四日市市川島町7508
https://kyoukan.biz/

【協力】観光三重

https://www.kankomie.or.jp/

※記載されている「見ごろ」は例年のものです。気候等により変動する場合がございます。
※施設の休業、イベントの中止・延期の可能性がございます。事前にご確認ください。

文=佐藤由樹

CREA編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加