所有する建物に隣接か...旧小学校の約10メートルの木"切り倒す" 所有者と話し合いもつれ40歳男逮捕

所有する建物に隣接か...旧小学校の約10メートルの木"切り倒す" 所有者と話し合いもつれ40歳男逮捕

  • ホッカイドウニュース
  • 更新日:2021/10/14
No image

器物損壊の疑いで男を逮捕した北海道警小樽署

廃校になった小学校の敷地内にある木を切り倒したとして、40歳の男が逮捕されました。

器物損壊の疑いで逮捕されたのは、愛知県日進市に住む不動産業の40歳の男です。

男は2020年9月下旬ごろ、北海道小樽市にある旧若竹小学校の敷地内で樹木1本を切り倒した疑いが持たれています。

翌月に所有者から警察に通報があり、事件が発覚しました。

警察によりますと男は当時小樽市内に住んでいて、木を切り倒した後、所有者に木を切った事を連絡。話し合いを進めていましたが所有者が小樽警察署に告訴し、2021年10月13日に逮捕されました。

木は高さ約10メートルのイタヤカエデ(約150万円相当)で、廃校に隣接する男が所有する建物側に生えていたということです。

調べに男は「木を切り倒したことは間違いありません」と容疑を認めていて、警察が動機などを詳しく調べています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加