岡山県内15地点で「真夏日」 岡山市中心部34.7度

  • 山陽新聞デジタル
  • 更新日:2022/06/24

岡山県内は23日、南から入った暖かい空気の影響で気温が上昇し、岡山市中心部で最高気温が34・7度(平年28・1度)を記録するなど、全16観測地点のうち15地点で最高気温が30度を超える「真夏日」となった。

11地点で今年最高を更新した。主な地点の最高気温は、倉敷市33・8度(平年27・7度)、笠岡市33・6度(27・6度)、真庭市久世33・3度(27・9度)、津山市32・1度(27・3度)など。全地点で平年より6・6~3・1度高く、6地点は夏の最も暑い時期を上回る水準だった。

県内の各消防によると、この日夕方までに、庭で作業していた岡山市の70代女性や、休み時間にサッカーしていた赤磐市の男子小学生ら計12人が熱中症とみられる症状で救急搬送された。

広島地方気象台は「太平洋高気圧が接近している影響で、最高気温が30度を超える日が続くだろう。小まめな水分補給を心がけ、熱中症に警戒してほしい」と呼び掛けている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加