春馬さんと共演 三浦翔平「カネ恋」初回放送後に...「慶太の笑顔は素敵でしたね」

春馬さんと共演 三浦翔平「カネ恋」初回放送後に...「慶太の笑顔は素敵でしたね」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/09/17

俳優の三浦翔平(32)が15日、自身のインスタグラムを更新し、7月に急逝した俳優の三浦春馬さん(享年30)が出演するTBS火曜ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」(火曜後10・00)について言及した。

No image

俳優の三浦翔平

中堅おもちゃメーカーを舞台に、経理部の“清貧女子”九鬼玲子を女優の松岡茉優(25)が演じ、メーカー御曹司の“浪費男子”猿渡慶太(春馬さん)との正反対の価値観を持つ2人のひと夏の恋物語を描く“じれキュン”ラブコメディー。昨年7月期の同局「凪のお暇」などの大島里美氏が完全オリジナル脚本を手掛けた。

三浦は玲子の初恋の相手で「お金の専門家」として活躍する早乙女健役として登場。番組終了後に自身のインスタグラムに「ご覧頂きありがとうございました」と投稿し「慶太の笑顔は素敵でしたね。」と、春馬さんが演じた無邪気な御曹司の笑顔についてコメントした。

春馬さんとは08年の日本テレビ「ごくせん」で共演して以来、親交を深め、プライベートで一緒にサーフィンを楽しむ仲。先月23日に投稿では「カネ恋終わったよー!」と、春馬さんと共演するドラマの撮影が無事に終わったことを告げ、「もう一つの方は全部やっとくから、安心して休んでね」と呼びかけていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加