【緊急事態グルメ】73歳のすし屋の予約客が0人で悲鳴 / ツイッターで助けを求める「今日からずっとまだご予約が0件です」

【緊急事態グルメ】73歳のすし屋の予約客が0人で悲鳴 / ツイッターで助けを求める「今日からずっとまだご予約が0件です」

  • 東京メインディッシュ
  • 更新日:2020/05/26

73歳で現役の板前さんがいる寿司屋が悲鳴をあげている。この店の大将でもある板前さんは73歳と高齢でありながら、1975年に開業してから45年間、ずっと営業を続けてきたベテランともいうべき匠な寿司職人である。
・地域住民や寿司マニアに愛され45年
大将が店を構えたのは東京都世田谷区。店名は「鮨 ほり川」(東京都世田谷区代田1-46-3)といい、下北沢駅や世田谷代田駅から徒歩圏内にあり、地域住民や寿司

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加