ティモンディ前田裕太「人生とはマラソンだ!」【僕のあまのじゃく#75】

ティモンディ前田裕太「人生とはマラソンだ!」【僕のあまのじゃく#75】

  • ar
  • 更新日:2023/01/25

僕のあまのじゃく#75

ティモンディ前田裕太さんの人気コラム【前田裕太の乙女心、受け止めます!】がリニューアル。

▷▷これまでのコラムはコチラから◁◁

ガラリと雰囲気を変えて、毎週変わるお題に沿って、前田さんに自由に言葉を紡いていただくフリースタイルエッセイ【僕のあまのじゃく】をお楽しみください♡

No image

前田裕太(まえだ・ゆうた)
PROFILE:1992年8月25日、神奈川出身。グレープカンパニー所属のお笑い芸人ティモンディのツッコミ、ネタ作り担当。愛媛県の済美高校野球部に所属した同級生・高岸宏行が相方で、2015年1月に結成。2人の野球経験を活かした『ティモンディベースボールTV』の登録者数は23万超え。ar web連載『僕のあまのじゃく』では、フリースタイルエッセイを毎週お届け中。

テーマ:息抜き

人生はマラソンだ、だなんて格言がある。
元を辿れば、欧州の言葉で、人生は短距離レースではない、という言葉から来たワードらしい。

各々のゴールがあって、一歩一歩進めばゴールに近づく。
誰だってランナーなのだ。
それぞれのペースでそれぞれのゴールに走っていくのが人生。
つまづくことだってある。
けれど、諦めずに立ち上がって進んだ者は必ず前進するし、地道に進めばいつかは報われる。
ひたむきに走っていく中で、給水ポイントで息抜きをして、また目的に進んでいく、というものだ。

なんだか、素敵なことを言っているように感じる。

だが、果たしてそうだろうか。

本当にそうなのか?

人生ってマラソンではない。

ゴールがあっても、逆走したっていい。

車に乗って楽したって、給水スポットでゆっくりしたまま進まなくったっていい。
寄り道だって、もはや寄り道ではない。
誰が決めたレースに乗る必要だってないのだ。

そもそもまだ知らない世界に知らない道のりがあるのに、走り出すのがそのゴールでいいだなんて決めるには早すぎる。

勝手にゴールから近づいてくることだってあるだろう。

一体誰だよ!人生をマラソンだなんて言った奴は!

いくらでも膝に手をついて休んでいい。
息抜きに趣味の時間を取ったっていいのだ。

いや、もはや”息抜き”という概念も、どうかと思う。

仕事を頑張って、息抜きをするために休暇を取る、という考えの人も多いだろう。
まあ私もそう思うことが多いのだけれど。

でも、仕事を頑張ることが人生の全てではない。

もちろん、仕事を頑張ってステップアップしていくのも喜びの1つかもしれない。
けれど、それはあくまでも幸せの1つでしかない。

仕事は生きるための金銭を稼ぐための手段。
生活の基盤を作るための行為だ。

息抜きの趣味の時間こそ、人生を豊かにしている瞬間ではないだろうか。

私で言えば、本を読んだり、写真を撮りに行ったり、油絵を書いたり、映画を見たり。
そんな時間が人生を豊かにしているような気がする。

それって、もはや息抜きではなくて、生きる目的そのもののような気がする。

仕事をして、息抜きをするのではない。

息抜きは、もはや、生きる行為そのものなのだ。

豊かな人生を送るために、仕事を頑張る。

うん、これがしっくりくる。

とは言いつつも、M1グランプリという他人の決めたレースに今年も参加するつもりでいるので、短距離レース的な頑張り方もしなければならないのだけれど、2023年はたくさん息抜きをして、その息抜きをより豊かにするために仕事を頑張ろうと思う。

ー完ー

ティモンディ前田裕太「僕らの自信の根源」【僕のあまのじゃく#74】

ティモンディ・前田裕太「売れても変わらないようにするにはどうすれば?」クレバーすぎる頭のナカ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加