【スクープ】メルセデスベンツEV版ゲレンデヴァーゲンの「EQG」はクワッドモーター搭載で2024年デビューへ!

【スクープ】メルセデスベンツEV版ゲレンデヴァーゲンの「EQG」はクワッドモーター搭載で2024年デビューへ!

  • CARSMEET WEB
  • 更新日:2023/01/25

卓越したオフロード性能も健在

メルセデスベンツが、現在開発中の「電動オフロードビースト」こと、『EQG』市販型プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

EQGは、2021年9月に開催された「ミュンヘンモーターショー2021」において、「コンセプトEQG」として世界初公開されたモデルだ。その名の通り、「Gクラス」(ゲレンデヴァーゲン)のフルエレクトリックバージョンで、数名の自動車ジャーナリストにはプロトタイプをプレビューしているが、市販型を捉えたのは初となる。

【画像24枚】メルセデスベンツGクラスのEV版「EQG」のスクープショットはコチラ

コードネーム「W463」と呼ばれるGクラスの最新版をベースとし、内燃エンジンモデルで使用されるスチール製ラダーフレームシャーシの修正バージョン上に構築される。市販型は、通常のGクラスと並行して、オーストリアのグラーツ工場で生産される。

豪雪のフィンランドで捉えたプロトタイプは、パターンの異なる黒と青のラップでボディを覆いカモフラージュしているが、プロトタイプと非常によく似ており、既存のGクラスの外観と多くの共通点があることもわかる。フロントエンドには2つの積み重ねられたオープンスラットを備えるグリルを装備、その下には完全い密閉されたグリルがあるはずだ。また円形ヘッドライトには3つの異なるセクションがあることもわかる。

リアフェンダーに、プロトタイプに存在しなかった縦長の穴があり、これらの開口部は、空力補助、またはブレーキを冷却するために空気を導くためのものかもしれないが、場所が的確とは言い難いため、開発途中のコンポーネントの可能性が高い。

プロトタイプでは、独立したフロントサスペンションとリジッドリアアクスルを装備し、4つの電気モーターとGターンモード、およびファンが期待するすべてのオフロード機能も搭載されている。同ブランドでは、バッテリーパックが低重心を提供、電気モーターが「巨大な牽引力と制御性を備えている。これは、急な坂道や深い地形でも有利であることを証明している」と語っている。

市販型のパワーやトルクに関しては未だ不明だが、AMGバージョンを含むさまざまなパワーステージで提供されると予想される。EQG市販型のワールドプレミアは、最速で2023年内だが、2024年が有力と見えている。

投稿 【スクープ】メルセデスベンツEV版ゲレンデヴァーゲンの「EQG」はクワッドモーター搭載で2024年デビューへ! は CARSMEET WEB に最初に表示されました。

CARSMEET web編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加