大迫勇也の初ゴールがまさに完璧! 抜け出しからシュートまで...これが日本代表のエースだ【DFBポカール】

大迫勇也の初ゴールがまさに完璧! 抜け出しからシュートまで...これが日本代表のエースだ【DFBポカール】

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2021/04/08
No image

【写真:Getty Images】

【ヤーン・レーゲンスブルク 0-1 ブレーメン DFBポカール準々決勝】

DFBポカール準々決勝、ヤーン・レーゲンスブルク対ブレーメンが現地時間7日に行われた。ブレーメンが1-0の勝利を収め、準決勝進出となった。

代表ウィーク明け最初の試合となった3日のシュトゥットガルト戦は途中出場だった大迫勇也が、ヤーン・レーゲンスブルク戦でスタメン入りとなった。先月行われた日韓戦で2アシスト、モンゴル代表戦ではハットトリックを記録した大迫がスタメン起用に応える。

前半は両チーム無得点に終わるが、後半開始早々に大迫がチャンスをつくる。味方の浮き球に対して大迫が左サイドを抜け出すと、グラウンダーのクロスを供給。ニアでジョシュ・サージェントが合わせるが、ボールはわずか左に外れた。

待望の瞬間は52分に訪れた。マルコ・フリードルのロングボールに対して大迫が相手DFライン裏に抜け出し胸トラップ。完璧な胸トラップから右足を振り抜き、ゴールネットに突き刺した。大迫にとってこのゴールが今季公式戦初ゴールとなった。

フリードルからの完璧なボールに対して、大迫は絶妙なタイミングで相手ディフェンスラインの裏に抜けだす。相手DF2人が大迫が胸トラップした瞬間を狙いに行くが、大迫はすぐさま右足を振り抜く。後ろから来た難しいボールだったが、完璧な胸トラップで次の動きがスムーズになった。少しでもトラップがズレたり、動きが遅くなると相手に詰められていたが、相手DFの付け入る隙を与えず。まさに完璧なゴールだった。

このゴールが決勝点となりブレーメンが1-0の勝利を収め、DFBポカール準決勝進出を決めた。ブレーメンは10日にリーグ戦のライプツィヒ戦を控える。その後リーグ戦3試合を行い、30日にDFBポカール準決勝で再びライプツィヒと対戦する。DFBのタイトル獲得に向けても10日のライプツィヒ戦は重要な一戦となりそうだ。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加