Billboard JAPAN Download Albums(6/22公開)、BTS「Proof」が2週連続で首位

Billboard JAPAN Download Albums(6/22公開)、BTS「Proof」が2週連続で首位

  • Musicman | 音楽業界総合情報サイト
  • 更新日:2022/06/23

2022年6月22日公開(集計期間:2022年6月13日〜6月19日)のBillboard JAPANダウンロード・アルバム・チャート“Download Albums”で、BTSの「Proof」が2週連続で首位を獲得した。

本作はデビュー曲から最新曲までを収録したBTSのアンソロジー・アルバムで、当週のダウンロード数は4,555DL。現時点で、累計12,008DLとなっている。BTSは米ビルボード・アルバム・チャートでも当週1位デビューを飾っており、アメリカでの売り上げはグループとしてユニット数、セールスどちらも2022年の最大値を記録している。

続く2位には小田和正の「early summer 2022」がチャートイン。約8年ぶりのオリジナル・アルバムで、映画『坂道のアポリン』の主題歌「坂道を上って」や、「ガイアの夜明け」のエンディング・テーマ「ナカマ」など、全9曲が収録されている。

そして3位はDIR EN GREY「PHALARIS」が1,279DLを売り上げてチャートイン。前作「The Insulated World」から3年9か月ぶりのアルバムで、本作が11作目。DIR EN GREYは、結成25周年を記念して、2022年5月31日より全曲ストリーミングとダウンロード配信をスタートしている。

【Download Albums】トップ10

1位「Proof」BTS(4,555DL)
2位「early summer 2022」小田和正(2,027DL)
3位「PHALARIS」DIR EN GREY(1,279DL)
4位「トップガン マーヴェリック オリジナル・サウンドトラック」(1,212DL)
5位「CROSS A LINE」ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-(1,144DL)
6位「花組 シアター・ドラマシティ「冬霞の巴里」」宝塚歌劇団 花組(368DL)
7位「Hikaru Utada Live Sessions from Air Studios」宇多田ヒカル(361DL)
8位「トップガン オリジナル・サウンドトラック」(333DL)
9位「狂言」Ado(297DL)
10位「壱」優里(274DL)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加