今季初4番で3打点! 逆転V狙う九産大の片渕「役目果たしたかった」 福岡六大学野球

今季初4番で3打点! 逆転V狙う九産大の片渕「役目果たしたかった」 福岡六大学野球

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2022/05/14
No image

◆福岡六大学野球春季リーグ 九産大5-3九共大(14日、九産大野球場)

逆転優勝を狙う九産大が九共大に5-3で先勝し、リーグ戦6連覇(2020年春は新型コロナウイルス感染拡大のため中止)、春8連覇へ「逆王手」をかけた。エース渡辺翔太(4年・北九州)が7回2/3を3失点で今季負けなしの5勝目を挙げた。第2日の15日は九産大と九共大のいずれか勝ったチームが勝率で上回り優勝となる。

今季初めて4番に座った九産大の片渕(4年・飯塚)がタイムリー2本の計3打点でエースを援護した。初回に「4番の役目を果たしたかった」と先制打。7回も中前への2点打で貴重な追加点をたたき出した。チーム全体でバットを短く持ちコンパクトに振る打撃を心がけている。片渕は「チームで徹底している打撃で先制、中押し、駄目押しと点を入れていきたい」と意気込んだ。

西日本スポーツ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加