ソフトヤミ金融主導容疑で福岡の男逮捕 長崎県警、出資法違反

ソフトヤミ金融主導容疑で福岡の男逮捕 長崎県警、出資法違反

  • 西日本新聞
  • 更新日:2021/01/14
No image

長崎県警は13日、出資法違反(超高金利)の疑いで、福岡市の会社役員、野尻哲也容疑者(44)を逮捕した。

逮捕容疑は2019年5~11月、同市内の男4人=同法違反罪などで起訴=と共謀し、長崎市と福岡市の男女2人に計20万円を貸し付け、1日当たりの法定金利の12~20倍に当たる18万7千円を利息として受け取った疑い。容疑を否認しているという。

県警によると、野尻容疑者は福岡市に本社を置く芸能事務所の元役員。共謀の4人が運営するインターネット上のソフトヤミ金融「メビウス」を主導していたとみられる。県警は、メビウスが全国約2万人に計9億円を貸し付け、約5億円の利息を違法に得たとみている。 (松永圭造ウィリアム)

西日本新聞

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加