3番手から「今夏のエース」に 京都国際・森田、最初で最後の甲子園

3番手から「今夏のエース」に 京都国際・森田、最初で最後の甲子園

  • 朝日新聞デジタル
  • 更新日:2022/08/06
No image

"京都国際―一関学院 四回裏、力投する京都国際の森田=阪神甲子園球場、伊藤進之介撮影"

(6日、第104回全国高校野球選手権大会1回戦 京都国際5-6一関学院)

一関学院、自慢の強打で好左腕を攻略 強化が必須な岩手のご当地事情

四回裏、京都国際の右腕・森田大翔(ひろと)君(3年)は甲子園のマウンドに初めて立った。「観客席から見るより広いな」。3点を追う厳しい展開での継投だったが、楽しもうと誓った。

八回表に仲間が2点差に詰め寄ったが、その裏に相手に安打を許す。2死一塁。この走者を生還させるわけにはいかなかった。左ひざを胸に迫るほど高く上げ、次打者に直球を投げ込む。打たれた打球は森田君のグラブに当たり、投ゴロに。この回を守り抜いた。

ずっと3番手投手として悔しい思いだった。昨夏の甲子園で活躍した森下瑠大(りゅうだい)君(3年)と平野順大(じゅんた)君(3年)の「Wエース」のチームと見られてきたからだ。森田君は昨夏の甲子園はベンチ外。今春の選抜大会はベンチ入りのはずがチームが出場辞退に。甲子園に行けないと分かるたび泣いた母親のためにも、この黒土に立ちたかった。

「森下、平野より持っているものもある。ないのは自信と大舞台の経験だけ」と小牧憲継(のりつぐ)監督。その自信と経験を森田君が得たのが、今夏の京都大会だ。

球速と制球力を良くするため、初心に戻り、小学生のころのように脚を高く上げて投げるように。それが、はまった。京都大会の2試合で完投勝利し、連覇に貢献。小牧監督に「今夏のエース」と言わしめた。

初の甲子園は八回まで力投して降板。惜敗したが、最後はすがすがしい表情だった。「こんなに大きな舞台で自分を信じて投げることができて、楽しかった」(富永鈴香)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加