「どこに投げても打たれそうだった」新人王の西武・水上由伸が恐れた強打者とは?

「どこに投げても打たれそうだった」新人王の西武・水上由伸が恐れた強打者とは?

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2022/11/25
No image

今季のプロ野球のタイトル獲得者らを表彰するNPBアワーズが25日、東京都内で開かれ、パ・リーグの最優秀新人(新人王)には西武の2年目右腕の水上由伸投手(24)が選ばれた。「来季も感謝の気持ちを忘れずに、全力で頑張っていきたい」と喜んだ。

ステージでは対戦した中で印象的だった打者を問われる場面があり「ソフトバンクの柳田さんがすごい怖かったです。すごく大きく見えたし、どこに投げても打たれそうだった」と苦笑いした。今季のレギュラーシーズンでは2打席対戦があり1安打と1四球だった。その上で「それを感じないぐらいに成長したい」とさらなる飛躍を目指す3年目へ意気込んだ。

今季は勝ちパターンの一角を担い60試合に登板。4勝4敗1セーブ31ホールドで防御率1・77をマーク。35ホールドポイントで、チームメートの平良とともに最優秀中継ぎ投手にも輝いた。球宴前には防御率0点台を記録するなど安定した内容を続け、一時は抑え役も務めた。

西日本スポーツ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加