石川県最大規模の公募展「現代美術展」の巡回展 白山市で始まる

石川県最大規模の公募展「現代美術展」の巡回展 白山市で始まる

  • テレビ金沢NEWS
  • 更新日:2022/05/14
No image

石川県内最大規模の公募展「現代美術展」の巡回展が、白山市で始まった。会場には、10代の若手作家から重鎮まで、会派の垣根を超えた幅広い作品が並び、訪れた人たちの目を楽しませていた。現代美術展白山展は29日まで開かれている。

石川県最大規模の公募展、現代美術展の巡回展が白山市で始まった。

現代美術展は、4月に金沢で本展が開かれていて、その後、県内5つの市で巡回展が行われる。

今回、白山市内の会場には、日本画や洋画、彫刻など、6部門・181点の作品が並び、そのうち114点は白山市の地元作家による作品となっている。

会場には、10代の若手作家から重鎮まで、会派の垣根を超えた幅広い作品が並んでいて、訪れた人たちの目を楽しませていた。

現代美術展白山展は白山市の「市民工房うるわし」で29日まで開かれている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加