メタバースでアート体験 新たな美術館の価値を創造へ 山梨県立美術館

メタバースでアート体験 新たな美術館の価値を創造へ 山梨県立美術館

  • YBS山梨放送
  • 更新日:2022/11/25
No image

最先端デジタル技術のひとつ、メタバース(=仮想空間)を活用して、美術館の新たな価値を生み出そうという山梨県立美術館のプロジェクト先行公開された。

最先端デジタル技術のひとつ、メタバース(=仮想空間)を活用して、美術館の新たな価値を生み出そうという山梨県立美術館のプロジェクト先行公開された。

VRゴーグルを装着してインターネット上にあるメタバースに訪れることで、自由にアート作品を見るなどの美術館体験ができる。今回、県立美術館のプロジェクトとして、メタバースで作品を公開するのは、市川三郷町出身で現代美術作家のたかくらかずきさんだ。たかくらさんは、日本仏教をテーマに、VR(=仮想現実)やNFT(=非代替性トークン)と呼ばれる、最先端のデジタル技術を取り入れたアート作品を手掛けている。

県立美術館のメタバースプロジェクトは、今月30日にプレオープンとしてインターネットで一般公開され、来年2月末には美術館内の図書室を一部改装し、VRゴーグルを10台設置して、本格的に始動する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加