キャシー中島、肺がんのため29歳で亡くなった長女の誕生日をお祝い「生きていたらどんなお母さんになっているのかなぁ」

キャシー中島、肺がんのため29歳で亡くなった長女の誕生日をお祝い「生きていたらどんなお母さんになっているのかなぁ」

  • ABEMA TIMES
  • 更新日:2023/11/21
No image

「生きていたらどんなお母さんになっているのかなぁ」タレントのキャシー中島(71)が20日、自身のInstagramを更新。2009年に亡くなった長女・七奈美さんの誕生日を祝い、思いをつづった。

【映像】29歳で亡くなったキャシー中島の長女・七奈美さん(複数カット)

肺がんのため、29歳という若さでこの世を去ってしまった七奈美さん。キャシーは20日、夫で俳優の勝野洋(74)との動画を公開した。

「きょうは七奈美の44回目の誕生日です。亡くなってから14年経ちましたが、私たちはいつもそばにいてくれると思っていますので、誕生日を祝います。生きていたらどんなお母さんになっているのかなぁ、なんて話しながら、七奈美が大好きだったお店で、大好きだった七奈美メニューをいただきました」と、この日、家族が集まって七奈美さんの誕生日を祝福したことを明かした。

続けて「笑って泣いて、楽しいお食事でした。ななちゃんがいてくれたらなぁと思うことはしょっちゅうあります。パパとママは一生懸命頑張って生きていくから、その時が来たら必ず迎えに来てね」と、七奈美さんへの思いをつづっている。

この投稿に「いつまでも娘は大切な宝物ですね。ご両親のあたたかいバースデーソングが、心にしみました」「きっと『パパ、ママありがとう』って七奈美さん言っていますよ」など、様々な反響が寄せられた。(『ABEMA NEWS』より)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加