「フルハシは謝罪すべき」古橋亨梧の発言を元英代表FWも批判! ファンやメディアからは擁護の声「彼はスケープゴートにされた」

「フルハシは謝罪すべき」古橋亨梧の発言を元英代表FWも批判! ファンやメディアからは擁護の声「彼はスケープゴートにされた」

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/10/14
No image

古橋の発言が思いがけず反響を呼んでいる。(C)Getty Images

古橋亨梧の発言は、いまだ議論の的となっている。

古橋は先日、日本メディアに対する取材で、冨安健洋のアーセナルでの活躍を受け、セルティックで結果を残すことがプレミアリーグへの「近道」になると話した。これが現地に伝わると、サウサンプトンが関心を寄せているとの噂が浮上したこともあり、一部からは批判の声が寄せられている。

例えば、スコットランドでの経験が豊富な元選手のノエル・ウィーランは、『Football Insider』で「契約しているクラブに集中するべき」「少し敬意を欠いている」と、去就を語るのは早計だと指摘した。

『THIS IS FUTBOL』によると、そのウィーランの批判に対し、セルティックの一部サポーターが反論している。ウィーランの主張を伝える『Celtic Insider』のフェイスブック投稿には、以下のようなコメントが届けられた。

「少なくとも彼は正直だ。その移籍のための仕事をすれば、それは我々にとっても有益でしかない」
「彼はスケープゴートにされた。人には野心がある。彼に自分のプレーをさせ、価値を証明させよう」
「彼が言い出したことじゃない。考えるかどうかを尋ねられたんだ。すべての選手(そして一般的にすべての人)が野心を持つもの。それは良いことだ」
「質問によらないか? 文字どおり、彼はセルティックで集中し、生き残ることが必要と答えた。プレミアについて質問されて、『悪いが興味ない。残る人生はセルティックで』とは言わないだろう」
「彼の発言の何が間違えている? 彼が言ったのは、良いパフォーマンスでその道が開けるということ。今それを望んでいるとか、セルティックでベストを尽くさないとかを言ったのではない。良いパフォーマンスがその助けになるはずと言ったんだ。それはセルティックにとって良いことでしかない」
【動画】元アーセナルの名手も称賛! 抜群の得点感覚で奪った古橋の「胸ゴール」

それでも、古橋に対する批判の声は止まらない。アストン・ビラで活躍した元イングランド代表FWのガブリエル・アグボンラホールは、『Football Insider』で「彼はあんなことを言うべきじゃなかったと思う」と苦言を呈している。

「自分だけにとどめて口にしないでおくべきことだ。代理人や親しい友人には言っても、インタビューでは言わない。セルティックに敬意を欠くことになるからだ。彼は謝罪すべきだと思う」

快足が売りだったアタッカーは「まだ来たばかりなのだから、セルティックに敬意を払わなければならない」と続けた。

「数試合が良かったからと浮かれてプレミアについて話してはいけない。セルティックのためにベストを尽くし、チームにタイトルを取り戻させることだけに集中しなければならない」

しかし、このアグボンラホールの発言にも反論が寄せられた。

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

ウィーランの発言に苦言を呈したセルティック専門サイトの『67 HAIL HAIL』は、「アグボンラホールに対してフェアに言えば、確かに理想的ではない」としたうえで、「だが、さほど驚きでもない」と主張している。

「我々は才能を重んじるサポーターだが、現実的でもある。キョウゴが得点を挙げ続ければ、関心を引くのは当然だ。あえて言うなら、実際にこの件を強く気にしているセルティックのサポーターはほとんどいない」

同メディアは「セルティックのサポーターはキョウゴが好きだ」と続けた。
「彼が移籍を望むことになったら、それは仕方がない。サッカーにおけるキャリアは短い。少なくとも今は、サポーターは彼を愛している。ひとつのインタビューでそれが変わることはない。だから、サポーターへの謝罪は必要ない。悔いを表す必要も、大仰な行動も必要ない。得点を挙げ続けている限り、何の問題もない」

ピッチでのプレーが答えになることは、古橋も分かっているだろう。彼の今後のパフォーマンスが注目される。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

【PHOTO】移籍直後から得点量産中!スコットランドの強豪セルティックで活躍する古橋亨梧を特集!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加