エンゼルス大谷翔平と同じ水沢南中出身の漣、三段目全勝優勝「めちゃくちゃうれしい」と興奮

エンゼルス大谷翔平と同じ水沢南中出身の漣、三段目全勝優勝「めちゃくちゃうれしい」と興奮

  • 日刊スポーツ(バトル)
  • 更新日:2023/05/26
No image

豊翔(左)を上手投げで破り三段目優勝した漣(撮影・中島郁夫)

<大相撲夏場所>◇13日目◇26日◇東京・両国国技館

東三段目42枚目の漣(さざなみ、23=伊勢ノ海)が、七番相撲で豊翔を上手投げで下し全勝優勝を飾った。

厳しい攻めを土俵際でいなし、相手がバランスを崩したところを見逃さず逆転勝ちを収めた。「めちゃくちゃうれしいです。ヤバいですね」と感極まった。

場所前に時津風部屋に出稽古を訪れたことがいきた。新十両の時疾風の立ち合いを参考にして手ごたえをつかむと、順調に白星を積み重ねた。部屋頭の錦木から「優勝いける」とハッパを掛けられていたといい、日頃から稽古場で目をかけてくれる兄弟子に吉報を届けた。

岩手・奥州市生まれの23歳。実はエンゼルスの大谷翔平(28)と同じ市立水沢南中学出身で、5歳離れているため直接的な面識はない。

地元関係者から「野球は大谷、相撲は漣」と書かれた色紙をもらったこともあるほどなじみのある存在。二刀流で海を渡った大谷に刺激を受けながら、この優勝を追い風に番付を駆け上がる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加