“持ってる男”ヤクルト赤羽 今度は村上代役で1軍初出場初先発 フレ球宴、プロアマ戦に続く活躍なるか

“持ってる男”ヤクルト赤羽 今度は村上代役で1軍初出場初先発 フレ球宴、プロアマ戦に続く活躍なるか

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/08/07

◇セ・リーグ ヤクルト─巨人(2022年8月6日 神宮)

No image

<Uー23NPB選抜VS大学・社会人選抜>6回、2ランを放つ赤羽(撮影・光山 貴大)

ヤクルトの赤羽由紘内野手(22)が6日の巨人戦で出場選手登録され、7番・三塁でプロ初出場となる先発出場を果たした。

チームの大黒柱の村上がこの日、特例2022の対象選手として出場選手登録を抹消され、代替指名選手として1軍初昇格した。

2020年の育成ドラフト2位で入団した2年目の赤羽は7月23日に行われた「フレッシュオールスター2022」ではチーム事情により、2日前に代替出場が決まり、サヨナラ3ランを放ちMVPを獲得。同29日に支配下登録を勝ち取った。8月1日に行われた野球伝来150年「プロ・アマ記念試合」(神宮)でも、当初、U―23NPB選抜のメンバーではなかったが、新型コロナウイルス感染やチーム事情により出場辞退者が相次ぎ、“繰り上げ”での招集。代打で2ランを放っていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加