横浜に“てきと〜”な鉄道テーマパーク爆誕!体験イベント「てきと〜な鉄道展」に行ってみた

横浜に“てきと〜”な鉄道テーマパーク爆誕!体験イベント「てきと〜な鉄道展」に行ってみた

  • TOKYO HEADLINE
  • 更新日:2022/08/06

横浜駅直結の複合型体験エンタメ施設「アソビル」2階「YOKOHAMA COAST」にて、体験型展示イベント「てきと~な鉄道展」がスタートした。人気ミュージアム「うんこミュージアム」を手掛けた株式会社たのしいミュージアムが、日本初の“てきと~”をテーマにしたエンタメ空間をプロデュースする。では、“てきと~”に出発進行!

No image

「横浜駅」みなみ東口通路から直通の「アソビル」は、フロアごとに異なるテーマを設定し、新しい体験を提供するエンタメビル。2階の「YOKOHAMA COAST」に到着し、駅の券売機のようなチケットカウンターで切符のようなチケットを受け取る。入り口を通ると「ほぼ自動改札」が現れ、駅員さんが紐を引っ張ってゲートを開ける“てきと~”ぶりだ。

全長42.5mにおよぶ「てきと~線」というぐにゃぐにゃの車両から、5つの駅を下車しながら各駅を“てきと~”に楽しむ「てきと~な鉄道展」。最初の駅は「てきと~お絵かき電車」が到着する「てきと~中央駅」。左手のスペースで“てきと~”に描いた電車のイラストをその場でスキャンすると、“てきと~”な到着予定時刻が電光掲示板に表示され、だいたいその時間になるとさっき描いたイラストが巨大な電車となって到着する。

No image

「てきと〜お絵かき電車」が到着する「てきと〜中央駅」

No image

“てきと~”に作った交通広告が“てきと~”に張られた1号車を抜けると、「メチャコミ・スクエア駅」に到着。大学生、サラリーマン、おばあさんなどのパネルが集まった満員電車風インスタレーションで、乗降客は彼らに好きなように落書きすることができる。

No image

ありそうでない“てきと〜”な交通広告ばかり張られた1号車

再度「てきと~線」に乗り込むと、2号車には本当にあった落とし物がいっぱい。スマートフォンや傘といった定番から食べ物系、バイオリン、2億円……落とし主のことを“てきと~”に想像するのもまた一興だ。次の「エキベン・タウン駅」では、弁当箱の台紙を選んで約28種の具材スタンプを押しまくることで、自分だけのオリジナル「てきと~駅弁」が完成する。

No image

“てきと~”な人々のパネルでほどほどに混んだ「メチャコミ・スクエア駅」

No image

次の「てつど~ぶつパーク駅」では、かわいいキャラクター「てつど~ぶつ」たちが登場し、ネットの上で寝転べる「寝レール」やボールプールで“てきと~”に遊べるエリア。横を通過する3号車は緑一面のグリーン車となっている。

No image

“てきと〜”に吊り輪を投げる「つりか輪投げ」

最後の「ゲーム・ステーション駅」は、子どもも大人も楽しめる4種類の“てきと~”なゲームが集合。電車型のブロックを積み上げる「ぐらぐら銀河鉄道」、つり革目がけて吊り輪を投げる「つりか輪投げ」といったアナログゲーム、ボタン操作で電車のドアを開け閉めしてヤバイ乗客をブロックする「てきと~鉄道の達人」、“てきと~”なポーズで撮影した自分を電車からあふれないように配置する人間テトリス「てきと~鉄道の達人2」といったアーケードゲームに挑戦できる。

アナログ体験と最新技術が融合した“てきと~”な空間は、電車好きもそうでない人も“てきと~”に楽しめること請け合い。体験型展示イベント「てきと~な鉄道展」は「YOKOHAMA COAST」にて11月27日まで。

No image

かわいい「てつど〜ぶつ」たちと出会える「てつど〜ぶつパーク駅」

No image
No image

“てきと〜”な到着予定時刻を表示(ほぼ遅延している)

No image

約28種の具材スタンプを押しまくれる「てきと〜駅弁」

No image
No image

野菜、塩むすび、骨付き鳥などどれもおいしそうな落とし物(奥には入れ歯も)

No image

落としたというより設置したのかもしれない石像

No image

中には拾ったほうが困惑しそうな落とし物も……

「てきと〜な鉄道展」【期間】8月6日(土)〜11月27日(日)【時間】10時〜19時(最終入場受付:18時)【会場】YOKOHAMA COAST(神奈川県横浜市西区高島2-14-9 アソビル 2F)【料金】・事前予約チケット(平日):大人(高校生以上) 1700円/小~中学生1200円/未就学児 無料・事前予約チケット(休日):大人(高校生以上) 1900円/小~中学生1300円/未就学児 無料・当日券:大人(高校生以上)2300円/小~中学生1500円/未就学児 無料※グッズつきチケット:各種チケットに+200円支払うと、缶バッチ5種類のうち1種類が付属(種類は選択不可)【定休日】施設に準ずる【URL】https://www.tekito-train.com/

TakahashiHanae

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加