金村氏が明かす阪神・糸原が打撃好調の要因

金村氏が明かす阪神・糸原が打撃好調の要因

  • ベースボールキング
  • 更新日:2021/04/06
No image

阪神の糸原健斗 (C) Kyodo News

○ 阪神 6 - 2 巨人 ●
<1回戦・甲子園>

MBSラジオ制作でニッポン放送でも放送された『阪神-巨人戦』で解説を務めた金村義明氏は、開幕から打撃好調の阪神・糸原健斗について言及した。

『2番・二塁』で先発出場した糸原は3回の第2打席にレフト前に弾き返す安打を放ち、開幕から続く連続試合安打を10に伸ばした。続く4回の第3打席は四球を選んだ。

金村氏は「好調の糸原を見ていますと、全部インサイドアウトというか、入ってくるボールの内側を我慢して叩いているような感じ。反対側にも強い打球がいきますし、それだけ右肩の開きが遅いんですよね。(4回の四球)今のでも良く見えますよね」と分析していた。

(提供=MBSベースボールパーク)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加