シャドウバース大会、賞金消えて優勝者激怒 サイバーエージェント「不手際あった」と謝罪

シャドウバース大会、賞金消えて優勝者激怒 サイバーエージェント「不手際あった」と謝罪

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2016/12/01
No image

全試合を生放送と告知していたが…(「GAMY」サイトから)

スマホなどを使うカードバトルゲーム「シャドウバース」の大会で、事前に告知していた内容と違うと優勝者らが激怒し、主催者のサイバーエージェント側が謝罪する騒ぎになっている。

運営する動画配信サイトの名前を取ったゲーム大会「FRESH!杯」は、2016年11月26、27日に初めて開かれた。

「賞金10万円(検討中)」の表記が突然なくなる

17日の告知時点では、「賞金10万円(検討中)」などとされ、サイト上の告知記事では、「大会の様子は全試合FRESH!で生放送致します」とうたってあった。

ところが、その後に、賞金の表記はなくなり、動画配信サイトでは、A・B両ブロックの試合のうち優勝者のいたBブロックは放送されなかった。これに対し、優勝した男性が大会後の28日、「心底バカにされた」とブログで訴えた。

この男性によると、参加者に断りなく賞金が突然なくなり、Bブロックを放送しないことについては、スタッフから「配信機材のトラブル」と当日になって説明されたという。主催者が賞金を検討中としたのは参加者を集めるための方便に過ぎず、Aブロックだけ放送されたのはゲームファンらに人気のある参加者が集められたためではないかと男性は不信を募らせており、「結果としては優勝しましたが、嬉しくはありません」と憤っている。

これに対し、サイバーエージェント側は、運営するサイト「GAMY」上で28日、騒ぎの経緯を説明した上で参加者らに迷惑をかけたと謝罪した。

景品表示法の観点から「賞金はダメ」と判断

サイバーエージェントによると、賞金については、消費者庁や弁護士に問い合わせた結果、告知翌日の11月18日になって、景品表示法の観点から「賞金を出すことができない」と判断したという。具体的にどんな問題かについては、答えるのは難しいとしている。

消費者庁の表示対策課では、J-CASTニュースの取材に対し、景品表示法第4条で過大な景品類の提供を禁じており、ゲームなどの商品の消費者が参加する大会の景品が違法かについては個別に判断しているとしている。

動画の放送内容について、サイバーエージェントは、大会前日深夜のリハーサルで配信トラブルが発生し、A・B両ブロックで配信できない状態になったが、できる限りやろうと努めて、Aブロックの放送にこぎつけたという。Bブロックを放送しなかったのは、あくまで技術的な事情から配信リスクを考えて決めたとしており、Aブロックを優先したわけではないと言っている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
成宮寛貴が電撃引退「消えてなくなりたい」全文コメ
成宮引退にミッツ「誰か彼のそばにいてあげて」と注意喚起
成宮寛貴、芸能界引退を発表「本当にごめんなさい。そして、ありがとうございました」
成宮寛貴、芸能界引退...ダウンタウン松本の「下手したら廃刊」発言が批判の矛先に
コカイン報道で引退の成宮寛貴が隠したかった”恋人の存在”

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加