三宅宏実 20年東京五輪へ試合負担増も「やるしかない」

三宅宏実 20年東京五輪へ試合負担増も「やるしかない」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/08/10
No image

練習を公開した重量挙げの三宅宏実

8月アジア大会、11月の世界選手権に出場する重量挙げの男女日本代表が10日、都内で公開練習を行い、五輪2大会連続メダリストの三宅宏実(32)=いちご=、八木かなえ(26)=ALSOK=が汗を流した。

世界選手権からは20年東京五輪に向けたポイントレースがスタート。海外勢のドーピング問題の新たなシステムができ、20年4月末までの1年半の間に、国際連盟が指定する大会に最低でも6大会出場する必要がある。

32歳のベテラン三宅にとって、負担は大きいが「決められた中でやるしかない。前向きに考えてます」と、力を込めた。シミュレーションを兼ねて、来週には関東選手権(茨城)に出場する。「来年を見据えて、試合数も考えなければいけない」と、集大成と位置付ける2年後の五輪に向け、思いを巡らせた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
リング乱入亀田和毅ジム関係者がJBC事情聴取に「軽率行動」と“謝罪”
木村、田中の3階級V阻止宣言 雑草がエリートの野望打ち砕く
雪辱果たせず涙 銀の入江「世界でも勝てるように」 レスリング女子/アジア大会
「離婚危機」か?谷村奈南が夫・井岡一翔にブチ切れた理由
新王者誕生のリングに亀田和毅“乱入”で一触即発に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加