元区議が政務活動費“着服”業務上横領で告発状提出

元区議が政務活動費“着服”業務上横領で告発状提出

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/09/16
No image

動画を見る(元記事へ)

東京・墨田区の元区議が所属していた自民党会派の政務活動費1800万円以上を着服していた問題で、自民党会派は15日、警視庁に業務上横領の疑いで告発状を提出しました。

墨田区の松本久元区議(55)は去年4月から今年5月までの間、所属していた自民党会派の政務活動費の口座から約1840万円を引き出し、着服していました。松本元区議は自民党会派の口座の管理責任者の立場を悪用し、37回にわたって金を引き出していたということです。これまでの会派の内部調査に対し、松本元区議は着服を認めていて、主に親族が経営する会社の借金返済や遊興費に充てていたということです。自民党会派は15日、警視庁に業務上横領の疑いで告発状を提出しました。警視庁は告発状を受理し、松本元区議などから話を聞くなどして捜査を進める方針です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
逮捕から2カ月ハトは餌やり男の帰宅待っていた!懲役6カ月、執行猶予3年の判決
豊田真由子氏の秘書また退職 復帰後にお礼やねぎらいの言葉なく...
ハリケーン直撃のアレシボ電波望遠鏡、305m径巨大反射鏡の受信部落下の被害。今後の運営にも暗雲
花火大会の出店“恐喝未遂” 暴力団幹部の男ら逮捕
登山・トレッキング・ハイキングに人気のエリアTOP10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加