斎藤佑 30歳正念場...“変身”ゴーグルで「集中して丁寧に」

斎藤佑 30歳正念場...“変身”ゴーグルで「集中して丁寧に」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/01/25

8年目を迎えた日本ハム・斎藤が24日、都内のジム「トータルワークアウト」で自主トレーニングを公開した。日本球界で初めてハイテクゴーグル「VIMA REV」を本格導入。脳から投球を変える。

No image

内部がフラッシュ点滅するゴーグルを装着し、集中力を高めた状態で投球練習をする斎藤

「脳のスタミナ強化。僕に合ってるんじゃないかな」。光の点滅するゴーグルを装着し、ネットピッチングを始めた。「ウルトラセブン」をほうふつさせる姿と機能。ストロボが搭載され、フラッシュが脳を刺激し、情報処理能力を活性化させる。

その効果を斎藤は「(点滅で)集中して丁寧に投げることになる」と語った。登板後は肉体より頭が疲れることに着目。公式戦登板と同じような負荷を脳に与え、ゴーグルを外して投げると「視界が広がり、ストレスがなくなる」と説明した。

16年から師事するトレーナー、ケビン山崎氏の勧めで今オフから使用を開始。山崎氏は「前頭葉の処理能力が上がる。本格的に使うのは斎藤くんが初めて」と話した。

股関節の可動域を広げるメニューや、腸腰筋などインナーマッスルの強化も週5日のペースで続けてきた。「(ゴーグルは)キャンプでも使う」。最近5年間で4勝。6月に30歳を迎える斎藤は今年が正念場だ。「球速を上げるより、試合の中でどうピッチングするかが大事」と、脳の筋トレで巻き返しを狙う。(君島 圭介)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
場外5発!日本ハムD1・清宮、右手負傷癒え解禁57振14発
羽生善治竜王と藤井聡太六段の食事に「コンビニ飯」非難相次ぐ
DAZN参入で「解約者続出」のスカパー、どう生き残る?
小平奈緒の“つくりおき料理”がすごい!金メダルボディの秘訣
野村弘樹氏がみたDeNAドラ1・東克樹
  • このエントリーをはてなブックマークに追加