最新ランキングをチェックしよう
小川直也Jrの優勝でさらに激戦。男子柔道重量級は壮絶サバイバルに

小川直也Jrの優勝でさらに激戦。男子柔道重量級は壮絶サバイバルに

  • Sportiva
  • 更新日:2017/11/14

東京五輪を3年後に控える現在、柔道の母国ニッポンの男子重量級は、エース不在の状況だ。 100キロ超級のリオ五輪銀メダリスト・原沢久喜は不振の印象が色濃く、今春の全日本選手権で連覇を達成した王子谷剛志に次ぐ二番手の立ち位置に後退している。その王子谷と原沢は8月にブダペストで開催された世界選手権100キロ超級に出場するも、ともにメダルには届かなかった。 同大会では東海大4年のウルフ・アロンが100キロ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ベイラークラブがレジェンドユニットたちと「融合」
空手の植草歩がJALと契約 東京五輪まで複数年
田口良一、5月にも日本人初2団体統一王者防衛戦へ
タイチ、内藤に逆転負けも感謝「濃い15年だった」
山中返り咲きへ 腰据えてネリ退治、上体浮かない動き手応え
  • このエントリーをはてなブックマークに追加