シリア東部でロシアによる空爆か 米ロ緊張高まる

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/09/17

シリア東部のデリゾールで、過激派組織「イスラム国」からの奪還作戦を進めるアメリカ軍が支援する部隊がロシア軍によるとみられる空爆を受け、両国の間で緊張が高まっています。

シリア東部のデリゾールで16日、アメリカ軍が支援するクルド人主体の部隊「シリア民主軍」が空爆を受けました。アメリカ側はロシア軍による空爆だと主張する一方、ロシア側は否定しています。油田地帯が広がるデリゾールは大部分を「イスラム国」が支配していて、ロシア軍が支援するアサド政権軍とアメリカが支援する「シリア民主軍」がそれぞれ奪還作戦を進めています。アメリカとロシアの間では両軍の衝突を回避するための取り決めがありましたが、今回の空爆を受けて両軍の間で緊張が高まっていて、「イスラム国」掃討作戦にも影響に及ぼすものとみられます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
13歳少女が拉致された...トランプ大統領 異例の演説
ロシア軍が誤ってロケット弾を民間人に向け発射したとされる衝撃的なムービーがYouTubeで公開される
逃げる女を確保...ところが止めたはずのパトカーが
7歳女児をレイプ殺人、犯人の男を公開で絞首刑に イラン
英シンクタンク専門家が警鐘「北朝鮮核ミサイル東京直撃なら死者85万人」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加