今夜は最強のアテで一杯いかが?たまらない大人酒場が恵比寿に誕生!

今夜は最強のアテで一杯いかが?たまらない大人酒場が恵比寿に誕生!

  • 東京カレンダー
  • 更新日:2019/06/19
No image

日本酒好きなら、訪れておきたい新店『酒 秀治郎』。

絶品のアテと厳選した日本酒を堪能できると、早くも話題になっている。

同店の楽しみ方からちょっと変わった予約方法まで、魅力を全てお伝えしよう!

No image

カウンター席の他、奥にテーブル席も備える

日本酒好きのための名酒場が恵比寿に誕生!

恵比寿なのに落ち着いた路地に、話題の新店がオープンした。

この店を開いたのは、さすらいの日本酒伝道師として様々な場所で日本酒イベントを開催していた直野秀治郎氏。日本酒好きが高じて、とうとう自身がプロデュースする酒場がオープンした。

その名も『酒 秀治郎』。今、最も日本酒好きから熱視線が注がれている注目の新店の魅力をお伝えしよう。

No image

「付き出し」おにぎりの内容は日により異なり、この日はじゃこのおにぎり

気になる『酒 秀治郎』の楽しみ方とは?

席につき、最初に運ばれてくるのは「付き出し」。ひと口サイズのおにぎりと、しじみスープ、しじみの佃煮、漬け物が『酒 秀治郎』定番の品である。

これはここから始まる日本酒三昧に備えて、ご飯やしじみスープで胃を保護すると意味があり、直野氏の「日本酒をたくさん飲んで欲しい」という想いが表れた一品と言える。

そこに合わせるのは「風の森 ALPHA TYPE1」。微発泡で、アルコール度数も低め、最初の一杯としてはもちろん、日本酒ビギナーにはうってつけの一杯である。

No image

「季節の八寸」※この日は写真上から時計回りに「湯葉」、「鞍掛豆のひたし豆」、「枝豆のペペロンチーノ風」、「鶏そぼろのクリームチーズ」、「オクラのお浸し」、「いぶりがっことクリームチーズの酒粕漬け」、中央は「熊本県産 塩トマトの冷やしトマト」

好みの日本酒にきっと出会える!

続いて登場するのは「季節の八寸」。内容は季節によって変化していくが、必ず供する一品が「鞍掛豆のひたし豆」。味わい深く、甘みももつ鞍掛豆は、日本酒との相性が抜群。

品数も多いため、ここで合わせる日本酒は2~3種類ほど。スタッフがお客に味の好みや、どんな日本酒が好きかなどを伺いながら、最適のものを選び抜いてくれる。もちろん、分からない場合はスタッフに全てお任せして選んでもらうことも可能だ。

ちなみにこの日は「澤屋まつもと 守破離 五百万石」、「山廃 花巴 純米にごり」などをセレクトいただいた。

No image

「筍のコロッケ」

続いてご用意いただいたのは「筍のコロッケ」。旬によって内容は変わるが、コロッケも定番メニューのひとつだ。

衣のサクッとした食感の後を、ゴロッと入った筍やジャガイモの食感が追いかけ、後から上からかかる山椒の香りが抜けていく。

ひと口目は、そのまま味わい、その後、脇に添えられたイカの塩辛と一緒に味わってみて欲しい。

こちらにはクラッシックな日本酒らしい味わいが楽しめる「奥能登の白菊 本醸造原酒」をセレクト。限定酒を気軽に楽しめるのも嬉しいポイントだ。

No image

「じゅんさいの茶碗蒸し」

続いては「じゅんさいの茶碗蒸し」。じゅんさいの餡の上に花穂紫蘇などがあしらわれた初夏らしい一品である。

こちらには「貴 特別純米」を合わせて味わってみると、その相性の良さに驚かされる。

茶碗蒸しの出汁の旨みと、「貴 特別純米」の優しい味わいの中にも、しっかりと純米酒ならではの力強さが、最高にマッチするのだ。

酒が止まらない絶品つまみの数々!

No image

「鮎のコンフィ」

続いては「鮎のコンフィ」。89度のオイルで6時間かけて、じっくりと火入れした鮎を、提供直前にオーブンで焼き上げて供する一皿である。

しっとりとした身を頬張れば、初夏の香りとも言える鮎ならではの旨みが口いっぱいに広がっていく。

こちらに合わせたのは「beau Michelle(ミッシェル)」。発酵中、モロミに音楽を聴かせることで、まろやかな味わいに仕上げたという日本酒であり、優しい口当たりと程よい甘みと酸味から、女性にもファンの多い日本酒のひとつだ。

No image

「すだち蕎麦」

食事をバシッと締めくくる「冷やし蕎麦」も絶品

〆には冷やし蕎麦を出すのが定番。この時期は「すだち蕎麦」が登場する。

ひんやりと冷たい蕎麦は、お酒をたっぷりと楽しんだ後の〆にふさわしく、しっかりとした味わいの出汁の塩味は、バシッと食事を締めくくってくれるだろう。

No image

さまざまな好みに答えられるよう豊富な日本酒を用意

日本酒ビギナーにこそ訪れて欲しい

「日本酒好きの、日本酒好きによる、日本酒好きのための店」と謳うだけあって、提供されるお酒は全て日本酒である。

そう聞くと、日本酒に詳しくないと行きにくい…と思う人もいるかもしれないが、実際訪れるお客のほとんどが日本酒ビギナー。

日本酒に興味があるという人ならば、誰でも受け入れてくれ、様々な日本酒を試すことができるのが『酒 秀治郎』という場所なのだ。

No image

恵比寿西一丁目の五差路を代官山方面へと進み、3つ目の路地を曲がると左手に『秀治郎』と書かれた暖簾が見えてくる

日本酒を心ゆくまで楽しめる料金システムに感動

今回紹介した料理は供される内容の一部であり、実際は10品ほどが用意されるという。

また、料理約10品+日本酒代込みで1人8,000円(税込)という料金システムもビギナーには嬉しい限り。色々試して見たいけれど、料金が気になって遠慮がちになるという心配なく、心ゆくまで日本酒を楽しむ事ができるのだ。

それも直野氏の「日本酒をたくさん飲んで、その魅力を知って欲しい」という想いがあってこそ。供されたお酒は、ぜひじっくりと味わい、自分好みの日本酒を探ってみて欲しい。

現在、電話番号は非公開となっている『酒 秀治郎』。予約方法もチェックしておこう。

『酒 秀治郎』のFacebookページ(https://www.facebook.com/sakehidejiro/)にアクセスし、メッセージで予約希望日時、人数、名前、カナ、携帯番号を送れば、予約ができるシステムになっている。

注目の新店『酒 秀治郎』は今がイキドキ、間違いなしである!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
狂気:ドミノ・ピザ、チーズを1キロも乗せた怪物を生み出してしまう / 期間限定『ニューヨーカー1キロウルトラチーズ』がマジでヤバイ
「もうやめられない!」セブン-イレブンの“悪魔的”グルメ3選
辛いのか? パンチョの「麻辣ナポリタン」を激辛好きが食べてみたよ! 山椒のシビ辛がクセになるけど量に注意デス...!
小倉優子“誕生日会の料理”に冷めた声...「何回も撮り直したんだろうなぁ」
【報ステ】尾道の人気ラーメン店休業へ ファン行列

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加