韓国の新駐中大使が「中国は家族」と友好アピール、中国ネットは受け入れず、韓国製品不買の声も

韓国の新駐中大使が「中国は家族」と友好アピール、中国ネットは受け入れず、韓国製品不買の声も

  • レコードチャイナ
  • 更新日:2017/10/11
No image

韓国の新駐中大使が「中国は家族」と友好アピール、中国ネットは受け入れず、韓国製品不買の声も

10日、韓国の文在寅大統領の側近、盧英敏氏が新たに駐中大使として赴任した。写真は中国の習近平国家主席がソウル大学訪問時に残したメッセージ。

2017年10月10日、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の側近、盧英敏(ノ・ヨンミン)氏が新たに駐中大使として赴任した。

盧氏は4日、メディアの取材に、自分は親中派だと発言。「米国は友人だが、すぐ隣の中国はわれわれにとって家族も同然だ」と話し、友好をアピールした。

しかし、中韓対立のきっかけになった高高度防衛ミサイル(THAAD)配備をめぐる問題については、「中国を念頭に配備したわけではない」と繰り返し強調した。

中国のネットユーザーからは「よくそんなことが言えたものだ」「いつ家族になったの?」「中国は君たちのお父さんだよ」「われわれにはこんな子どもはいない」「親不孝きわまりない子どもだ」などの声が聞かれた。

また、「韓国には行かない」「韓国製品はすべてボイコットしよう」「不買運動でロッテマートを初めて知った」「THAAD以来、韓国ボイコットを続けている。これからも続ける」「反対の声がたくさんあってホッとしたよ」など、韓国製品不買運動を訴えるコメントも寄せられている。(翻訳・編集/岡田)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
中国、13億人をカバーする世界最大の医療保険制度―中国メディア
訪日客の約半分がリピーター! 日本旅行のとりこになった中国人が語る「魅力的な日本」=中国報道
【君の名は】中国の田舎に隕石落下 → 『君の名は。』とほぼ同日同時刻! 落ち方も酷似と話題 「誰か入れ替わってないか!?」「この事実に震えた」
子犬を生きたまま焼いて食べた男が大炎上
フランス人が指摘した「日本人と中国人の見分け方」に、我々は赤面せざるを得ない=中国報道

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加