吉河美希「ヤンメガ」が6年ぶり週マガに帰還、教師になった品川描く特別読切

吉河美希「ヤンメガ」が6年ぶり週マガに帰還、教師になった品川描く特別読切

  • ナタリー
  • 更新日:2017/10/11

吉河美希「ヤンキー君とメガネちゃん」の特別読み切りが、本日10月11日発売の週刊少年マガジン45号(講談社)に掲載された。

No image

「ヤンキー君とメガネちゃん」特別読み切りの扉イラスト。

すべての写真を見る(全3枚)

「ヤンキー君とメガネちゃん」は、学校一の問題児・品川大地と、元ヤンキーの学級委員長・足立花を描くラブコメディ。2006年から2011年まで同誌にて連載され、2010年4月には成宮寛貴主演でテレビドラマ化された。単行本は全23巻が発売中。このたび掲載された読み切りは、「ヤンキー君とメガネちゃん」の新装版刊行を記念したもので、教師になった品川を描く“アフターストーリー”となっている。

「ヤンキー君とメガネちゃん」の新装版は、10月17日より毎月2巻ずつ全12巻が刊行。表紙はすべて吉河による新規描き下ろしとなり、初版限定で「花&品川たちの『プライベート卒業アルバム』」の応募者全員プレゼント企画も実施される。詳細は単行本の帯にて確認を。

そのほか今号では、ムサヲ原作の実写映画「恋と嘘」の公開を記念し、ムサヲと浅川梨奈(SUPER☆GIRLS)の対談を掲載。また実写版のヒロイン・仁坂葵役を務める森川葵のグラビアが巻頭ページを飾った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

漫画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「citrus」8巻特装版にコダマナオコ、大沢やよいら参加のアンソロジー
「ワンピース×ビックリマン」コラボ第2弾!「ワンピースマンチョコ2」が10月24日発売
秒速で笑えるマンガ『そうだ、京都に行こう!3』全力偏愛ガール|佐藤ショーキ
58歳の忍者が極秘任務に挑む「シノビノ」1巻、幕末に実在した人物がモデル
『鬱ごはん』『バーナード嬢曰(いわ)く。』作者最新巻! 永遠に終わらない“終末系”マンガ『銀河の死なない子供たちへ』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加