「私、リカちゃん」北区に自称リカちゃん降臨す 男児に挨拶

「私、リカちゃん」北区に自称リカちゃん降臨す 男児に挨拶

  • ハザードラボ
  • 更新日:2017/10/13
No image

リカちゃん

北区東十条に「自称リカちゃん」が出没(写真はタカラトミーの公式サイトより)

東京・北区できのう(11日)夕方、小学校から帰宅途中の男の子が、自転車に乗った中年男から呼び止められ、「私、リカちゃん」などと話しかけられるトラブルがあったとして110番通報が寄せられた。

11日午後3時半ごろ、JR東北線「東十条駅」に近い北区東十条4丁目で、下校途中の男子小学生を、自転車に乗った不審な男が呼び止め、「私、リカちゃん」などと意味不明なことを話しかけられた。

声をかけられた男の子によると、不審者は年齢が40〜50代くらいで、青い上着にキャップをかぶっている印象があるが、恐ろしくてすぐに逃げ帰ったため、背格好や自転車の色などは記憶していないという。

玩具メーカー、タカラトミー(旧タカラ)が、日本の生活事情に合わせた着せ替え人形を作ろうと、1967年に生まれたのが「リカちゃん」だが、生誕50周年を迎えた今年は、さまざまな記念イベントが催されていることから触発されたのだろうか?

二代目リカちゃん世代のハザードラボ編集部員が「リカちゃん公式Twitter」をチェックしたが、この日のリカちゃんの行動はまだ公開されていないものの、東十条には足を向けていないと思われることから、ニセモノだ。

【問合せ先】王子警察署 03-3911-0110(内線2162)

■この記事はメール警視庁からの情報を元に、ハザードラボで編集したものです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【お値段以上すぎ】1690円のニトリ抱き枕、中毒者が後を絶たないワケ
田中裕二の子煩悩っぷりがスゴい!
一卵性双子に関する15の事実
NY在住の日本人が二度見した、米国人の「ヘンな日本語Tシャツ」
「ニッポン、マジで大丈夫かって」衆院選を前にした若者たちの政治意識
  • このエントリーをはてなブックマークに追加