スイスが北アイルランド退け4大会連続のW杯出場決定

スイスが北アイルランド退け4大会連続のW杯出場決定

  • AFPBB News
  • 更新日:2017/11/13
No image

2018年サッカーW杯ロシア大会、欧州予選プレーオフ第2戦、スイス対北アイルランド。本大会出場を喜ぶスイスの選手(2017年11月12日撮影)。

【AFP=時事】2018年サッカーW杯ロシア大会欧州予選は12日、プレーオフ第2戦が行われ、スイスは北アイルランドと0-0で引き分け、2戦合計スコア1-0で本大会出場を決めた。

前半にあった数多くの好機をふいにし、北アイルランドにとどめを刺すことはできなかったスイスだが、第1戦でリカルド・ロドリゲスが決めた物議を醸すPKが決定打となり、4大会連続のW杯出場が確定した。対する北アイルランドは、1986年のメキシコ大会以来の本大会出場はならなかった。

スイスの守護神ヤン・ゾマーは公共放送局RTSで「非常に厳しく、大きなプレッシャーがあった。誰もがほとんど決まったと言っていたが、こういうチームとの試合は戦いだ。目標を達成できてとてもうれしい。ただ、あまり効率は良くなかったし、もっと簡単に決められたはずだった」とコメントした。

敗れた北アイルランドのマイケル・オニール監督は、スカイ・スポーツに対して「残念ながら、第1戦のひどい判定のせいで敗退した」と述べた。第1戦では、ボールがコリー・エヴァンズの肩に当たったように見えた場面がハンドと判定され、ロドリゲスに決勝のPKを許した。

「今夜のわれわれの試合内容と反発力はみごとだった。相手を上回っていた。運にめぐまれなかった場面も何度かあったが、最後まで全力で戦った。選手は意気消沈しているが、私は彼らをこの上なく誇りに思う」 【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ユベントス、遅すぎた目覚め。伏兵に敗れて今季2敗目。首位ナポリと勝ち点4差に
驚異の早期復帰で“イブラ節”も健在。「ライオンの回復力は人間とは違う」
香川真司、ブンデスMF部門で堂々7位 人気ゲーム「FIFA18」の能力値で高評価
伊藤達哉、無念の前半途中交代...。酒井高徳は69分まで。HSV、好調シャルケに敗戦
元イングランド代表MFの息子が“70ヤード弾” 衝撃の一撃に称賛「ベッカムを再現した」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加