マキシマムドパリ得意距離で侮れない/中日新聞杯

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/12/05

先週のチャレンジCにも登録があったマキシマムドパリ(牝5、松元)が、満を持して中日新聞杯(G3、芝2000メートル=9日)に出走する。

田辺助手は「先週よりもこっちの方がレースしやすい。愛知杯を勝っているコースで相性もいいしね。前走(エリザベス女王杯4着)はよく走った分、レース後に疲れがあったけど、今はいい状態」と話す。2000メートルは重賞2勝、秋華賞3着と得意距離だけに、牡馬相手でも侮れない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
中村愛、ビキニから下乳出すぎに「サイズが合ってないんじゃない説」
2016年に発見されていた「最古の脊椎動物」とされるサメの年齢が500歳以上である可能性が浮上
藤原紀香、「等身大」で演じた充実の撮影をふり返る!鈴木伸之との共演ショット公開
「おめでとう!」「頑張れ!」松居一代会見、掛け声の主は...
ローラの人間離れした究極ボディが凄い!あの新CMが解禁!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加